content
IBMWatsonVisualRecognition
  最終更新日: 10/08/2018
  • インストール:
  • 本日: 6
  • 通算: 2521
開発者:uservolodimir.kudriachenko

IBMWatsonVisualRecognition API パッケージ

イメージにタグを付け、人間の顔を分離し、独自のコンセプトをトレーニングします。

エンドポイント一覧
エンドポイント一覧は以下の通りです。アプリケーションにエンドポイントを追加するには「エンドポイントに接続」をクリックしてください
全てを表示
ディスカッション
全てを表示
Readme

IBMWatsonVisualRecognition

IBMWatsonVisualRecognitionパッケージ

IBMWatsonVisualRecognition

  • ドメイン: IBM
  • 資格情報:apiKey

資格情報を取得する方法:

  1. IBM Bluemix Consoleに登録します。
  2. ログイン後、 servicesから[Visual Recognition]を選択します。
  3. 左のアプリケーションに[Visual Recognition]を接続、価格プランを選択し、ページの下部にある[Create]ボタンをクリックします。
  4. [Service Credentials]タブをクリックすると、APIキーが表示されます。

IBMWatsonVisualRecognition.classifyImage

URLをアップロードして、デフォルトでクラスを識別します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報IBMから入手したAPIキー。
version文字列使用したいAPIのバージョンのリリース日。YYYY-MM-DD形式で日付を指定します。現在のバージョンは2016-05-20です。
imageUrl文字列画像のURL(.jpg、または.png)。
owners配列実行する分類器を指定する値('IBM'および/または 'me')を持つ配列。
classifierIds配列画像を分類するために使用される分類器のIDの配列。デフォルトはビルドイン分類器のclassifier_idです。
threshold文字列レスポンスで表示される必要があるクラスの最小スコアを指定する浮動値。閾値を0.0に設定すると、分類スコアに関係なくすべての値が返されます。
acceptLanguage文字列サポートされている言語は、en(英語)、ar(アラビア語)、de(ドイツ語)、es(スペイン語)、it(イタリア語)、ja(日本語)、ko(韓国語)。

IBMWatsonVisualRecognition.detectFaces

推定された年齢、性別、有名人の名前など、画像内の顔を分析し、それらに関するデータを取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報IBMから入手したAPIキー。
version文字列使用したいAPIのバージョンのリリース日。YYYY-MM-DD形式で日付を指定します。現在のバージョンは2016-05-20です。
imageUrl文字列画像のURL(.jpg、または.png)。

IBMWatsonVisualRecognition.createClassifier

アップロードされた画像データで、新しいマルチファセット分類器をトレーニングします。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報IBMから入手したAPIキー。
version文字列使用したいAPIのバージョンのリリース日。YYYY-MM-DD形式で日付を指定します。現在のバージョンは2016-05-20です。
className文字列新しい分類器の名前。
positiveExampleImages1ファイル新しい分類器内のクラスの視覚的なサブジェクトを描写する画像の圧縮(.zip)ファイル。画像は最低10枚必要です。推奨最小サイズは32×32ピクセルです。
positiveExampleImagesName1文字列1ファイル内のポジティブな例の名前。
positiveExampleImages2ファイル新しい分類器内のクラスの視覚的なサブジェクトを描写する画像の圧縮(.zip)ファイル。画像は最低10枚必要です。推奨最小サイズは32×32ピクセルです。
positiveExampleImagesName2文字列2ファイル内のポジティブな例の名前。
negativeExampleImagesファイル新しい分類器のいずれかのクラスの視覚的なサブジェクトを描写しない画像の圧縮(.zip)ファイル。画像は最低10枚必要です。

IBMWatsonVisualRecognition.getCustomClassifiers

ユーザーが作成した分類器の一覧を抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報IBMから入手したAPIキー。
version文字列使用したいAPIのバージョンのリリース日。YYYY-MM-DD形式で日付を指定します。現在のバージョンは2016-05-20です。
verboseブール分類器の詳細を返す場合はtrueを指定します。このパラメータを省略すると、分類器の簡単な一覧が返されます。

IBMWatsonVisualRecognition.getSingleClassifier

特定の分類器に関する情報を取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報IBMから入手したAPIキー。
version文字列使用したいAPIのバージョンのリリース日。YYYY-MM-DD形式で日付を指定します。現在のバージョンは2016-05-20です。
classifierId文字列詳細が必要な分類器のID。

IBMWatsonVisualRecognition.updateClassifier

既存の分類器を更新するには、新しいクラスを追加するか、既存のクラスに新しいイメージを追加します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報IBMから入手したAPIキー。
version文字列使用するバージョンのAPIのリリース日。YYYY-MM-DD形式で日付を指定します。現在のバージョンは2016-05-20です。
classifierId文字列分類器のID。
positiveExampleImagesファイル新しい分類子内のクラスの視覚的なサブジェクトを描写する画像の圧縮(.zip)ファイル。画像は最低10枚必要です。推奨最小サイズは32×32ピクセルです。
positiveExampleImagesName文字列1ファイル内のポジティブな例の名前。
negativeExampleImagesファイル新しい分類子のいずれかのクラスの視覚的なサブジェクトを描写しない画像の圧縮(.zip)ファイル。画像は最低10枚必要です。

IBMWatsonVisualRecognition.deleteClassifier

特定の分類器を削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報IBMから入手したAPIキー。
version文字列使用したいAPIのバージョンのリリース日。YYYY-MM-DD形式で日付を指定します。現在のバージョンは2016-05-20です。
classifierId文字列削除する分類器のID。
x
circle
IBMWatsonVisualRecognition
$ / m
毎月クレジットカードまたは請求書にて請求を行います。 この際、前月の超過分の請求も行われます。
?

情報が不足しています

未入力の項目があります。
これらの詳細情報は、お客様の保護や最新情報をお知らせするために利用されます。

x

Rakuten RapidAPIに登録しましょう。

  • integrate
    お客様のアプリにAPIを統合する
    Ruby, Java, Elixir, Node.js, Phyton, Objective C, Swift, PHP さらに
  • keys
    API keyを複数まとめて保存する
  • notifications
    APIの変更通知を受け取る
  • stats
    統計情報を取得し、APIコネクションをモニターする
__SING_UP_WITH_GITHUB__
__SING_UP_WITH_FACEBOOK__
__SING_UP_WITH_GOOGLE__
  • 我々がウォールに投稿することはございません
  • 我々からスパム通信を送付することはありません
  • esc画面を閉じる
    x

    Authentication

    認証
    esc画面を閉じる