RapidAPI logo

Text Classification

フリーミアム
開発者 twinword
更新日 5ヶ月前
テキスト解析
7.2/10
人気度
365ms
レイテンシ
100%
正常稼働率

「Text Classification 」のドキュメント

記事やテキストなどの非構造化データを定義済みのカテゴリに分類します。

全文を表示する
Text Classification
GETClassify (get)
POSTClassify (post)
GETClassify (get)

テキストを製品カテゴリに分類するか、私たちに連絡して独自のカテゴリセットをカスタマイズして使用してください。関連する商品カテゴリを見つけるためのテキストを入力してください:

ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
必須パラメータ
textSTRING
REQUIREDEnter some text to find related categories.
パラメータ(Option)
titleSTRING
OPTIONALEnter title of text (optional).
setSTRING
OPTIONALEnter custom taxonomy set ID (optional). Invalid ID will default to default taxonomy set. Contact us at feedback@twinword.com to set up custom taxonomy set.
コードスニペット
unirest.get("https://twinword-text-classification.p.rapidapi.com/classify/?text=Protect+your+back+with+these+ergonomic+office+chairs.+These+adjustable+chairs+are+cushioned+and+molded+to+ensure+comfort+over+long+hours.+Some+options+feature+breathable+backs+that+let+air+flow+through+to+keep+you+cool+and+add+to+your+comfort+level+on+hot+days.")
.header("X-RapidAPI-Host", "twinword-text-classification.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://twinword-text-classification.p.rapidapi.com/classify/
リクエストメソッド: GET
レスポンスヘッダ
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.get("https://twinword-text-classification.p.rapidapi.com/classify/?text=Protect+your+back+with+these+ergonomic+office+chairs.+These+adjustable+chairs+are+cushioned+and+molded+to+ensure+comfort+over+long+hours.+Some+options+feature+breathable+backs+that+let+air+flow+through+to+keep+you+cool+and+add+to+your+comfort+level+on+hot+days.")
.header("X-RapidAPI-Host", "twinword-text-classification.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証