RapidAPI logo

TheRundown

フリーミアム
開発者 therundown
更新日 1ヶ月前
スポーツ
9.4/10
人気度
802ms
レイテンシ
96%
正常稼働率

「TheRundown 」のドキュメント

主要なスポーツブックからのリアルタイムオッズと得点。 NFL、NBA、WNBA、MLB、NHL、NCAAフットボール、そしてNCAAバスケットボールは間もなくもっとスポーツが広がります。現在統合されている1ダース以上のスポーツブック:5Dimes、Pinnacle、Matchbook、Betcris、Lowvig、TheGreek、YouWager、Justbet、Tigergaming、Betonline、Bookmaker、Sportsbetting、Intertops、その他近日発売予定。マネーライン、スプレッド、フルゲームの合計、上半期、下半期、第1四半期/期間、第2四半期/期間、第3四半期/期間、および第4四半期/期間。 https://therundown.io/で詳細を参照してください。

全文を表示する
Affiliates (Sportsbooks)
GETAffiliates (Sportsbooks)
Sports
GETDates by sport
GETSports
Events (Odds)
GETEvents by Sport by Date
GETEvents by Sport
GETEvent
GETOpeners by Sport by Date
GETDelta (Changed Events)
Lines
GETMoneyline by Line Identifier
GETSpread by Line Identifier
GETTotals by Line Identifier
GETAffiliates (Sportsbooks)

アフィリエイトを取得する(別名スポーツブック)

ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
コードスニペット
unirest.get("https://therundown-therundown-v1.p.rapidapi.com/affiliates")
.header("X-RapidAPI-Host", "therundown-therundown-v1.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://therundown-therundown-v1.p.rapidapi.com/affiliates
リクエストメソッド: GET
レスポンスヘッダ
"access-control-allow-headers": "Content-Type, Content-Length, Accept-Encoding, X-CSRF-Token, Authorization"
"access-control-allow-origin": "*"
"content-type": "application/json"
"date": "Mon, 17 Jun 2019 13:36:00 GMT"
"server": "RapidAPI-1.0.16"
"vary": "Accept-Encoding"
"x-rapidapi-region": "AWS - us-east-1"
"x-rapidapi-version": "1.0.16"
"content-length": "1725"
"connection": "Close"
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.get("https://therundown-therundown-v1.p.rapidapi.com/affiliates")
.header("X-RapidAPI-Host", "therundown-therundown-v1.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証