content
GoogleCloudStorage
  最終更新日: 30/05/2018
  • インストール:
  • 本日: 694
  • 通算: 169954
開発者:userserg.osipchuk

GoogleCloudStorage API パッケージ

いつでもあらゆる量のデータを保存して取り出すことができます

エンドポイント一覧
エンドポイント一覧は以下の通りです。アプリケーションにエンドポイントを追加するには「エンドポイントに接続」をクリックしてください
全てを表示
ディスカッション
全てを表示
Readme

GoogleCloudStorage

この翻訳は機械翻訳です。正確ではない可能性があります。

GoogleCloudStorageパッケージ

いつでもあらゆる量のデータを保存して取り出すことができます。

  • ドメイン:cloud.google.com
  • クレデンシャル:apiKey、apiSecret

apiKeyを取得するapiKey

  1. プロジェクトページに移動します
  2. Cloud Platformコンソールプロジェクトを選択または作成します。
  3. プロジェクトの請求有効にする。
  4. [ 続行]をクリックして、Translate APIと関連サービスを有効にします。
  5. [ 資格情報]ページで、 APIキーを取得します (プロンプトが表示されたら[ブラウザキー]を選択します)。 注:既存のAPIキーがある場合は、そのキーを使用できます。

カスタムデータ型:

データ・タイプ説明
Datepicker日付と時刻を含む文字列2016-05-28 00:00:00
地図昏睡区切りの緯度と経度を含む文字列50.37, 26.56
リストシンプルな配列["123", "sample"]
選択定義済みの値を持つ文字列sample
アレイオブジェクトの配列[{"Second name":"123","Age":"12","Photo":"sdf","Draft":"sdfsdf"},{"name":"adi","Second name":"bla","Age":"4","Photo":"asfserwe","Draft":"sdfsdf"}]

GoogleCloudStorage.getAccessToken

アクセストークンを生成する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Google Cloud API
apiSecret資格情報Google Cloud apiSecret
コード文字列ユーザーが提供するコード
redirectUrl文字列アプリケーションのリダイレクトURL

GoogleCloudStorage.deleteBucket

空のバケットを恒久的に削除します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
ifMetagenerationMatch設定されている場合、そのメタジェネレーションがこの値と一致する場合にのみバケットを削除します。
ifMetagenerationNotMatch設定されている場合、そのメタジェネレーションがこの値と一致しない場合にのみバケットを削除します。

GoogleCloudStorage.getSingleBucket

指定されたバケットのメタデータを返します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
ifMetagenerationMatchバケットの現在のメタエージェントが指定された値と一致するかどうかを条件として、バケットメタデータの復帰を条件付きにします。
ifMetagenerationNotMatchバケットの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかを条件として、バケットメタデータの復帰を条件付きにします。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトはnoAclです。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :owner、acl、およびdefaultObjectAclプロパティは省略します。

GoogleCloudStorage.getBucketIamPolicy

指定されたバケットのIAMポリシーを返します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。

GoogleCloudStorage.createBucket

新しいバケットを作成します。

,

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
プロジェクト文字列有効なAPIプロジェクト識別子。
定義済みのAcl文字列このバケットに定義済みのアクセス制御のセットを適用します。
predefinedDefaultObjectAcl文字列既定のオブジェクトアクセスコントロールのセットをこのバケットに適用します。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトはnoAclです。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :owner、acl、およびdefaultObjectAclプロパティは省略します。
文字列バケツの名前。
aclJSONJSONオブジェクトの配列バケット上のコントロールにアクセスします。
コルスJSONJSONオブジェクトの配列バケットのCross-Origin Resource Sharing(CORS)設定。
defaultObjectAclJSONJSONオブジェクトの配列ACLが指定されていない場合に新しいオブジェクトに適用するデフォルトのアクセス制御。
ライフサイクル文字列JSONオブジェクト。バケットのライフサイクル設定。
ロケーション文字列バケットの位置。バケット内のオブジェクトのオブジェクトデータは、この領域内の物理ストレージに存在します。デフォルトはUSです。
logBu​​cket文字列現在のバケットのログを配置する宛先バケット。
logObjectPrefix文字列ログオブジェクト名の接頭辞。
storageClass文字列新しく作成されたオブジェクトにstorageClassが指定されていない場合に使用されるバケットのデフォルトのストレージクラス。これは、バケット内のオブジェクトの格納方法を定義し、SLAとストレージのコストを決定します。値には、MULTI_REGIONAL、REGIONAL、STANDARD、NEARLINE、COLDLINE、およびDURABLE_REDUCED_AVAILABILITYが含まれます。バケットの作成時にこの値が指定されていない場合は、デフォルトでSTANDARDになります。詳細については、ストレージクラスを参照してください。
enableVersioningブールtrueに設定されている間、このバケットのバージョニングは完全に有効になっています。
websiteMainPageSuffix文字列要求されたオブジェクトパスが見つからない場合、サービスはパスの末尾に「/」が付いていることを確認し、この接尾辞を追加して、結果のオブジェクトを取得しようとします。これにより、ディレクトリページを表すindex.htmlオブジェクトの作成が可能になります。
websiteNotFoundPage文字列要求されたオブジェクトパスが見つからず、mainPageSuffixオブジェクトが見つからない場合、該当する場合、サービスはこのバケットの名前付きオブジェクトを404 Not Found結果のコンテンツとして返します。

GoogleCloudStorage.getBuckets

指定されたプロジェクトのバケットのリストを取得します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
プロジェクト文字列有効なAPIプロジェクト識別子。
maxResults返すバケットの最大数。
pageToken文字列表示される大きな結果セットの一部を表す、以前に返されたページトークン。
プレフィックス文字列名前がこの接頭辞で始まるバケットに結果をフィルタリングします。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトはnoAclです。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :owner、acl、およびdefaultObjectAclプロパティは省略します。

GoogleCloudStorage.updateBucketIamPolicy

指定されたバケットのIAMポリシーを更新します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
resourceId文字列このポリシーが属するリソースのID。バケツのバケット/バケット、オブジェクトのバケット/バケット/オブジェクト/オブジェクトのフォームになります。特定の世代は、#generationNumberをオブジェクト名の末尾に追加することで指定できます(例:buckets / my-bucket / objects / data.txt#17)。現在の世代は#0で表すことができます。このフィールドは入力時に無視されます。
バインディングJSONJSONオブジェクトの配列権限のセットに付属する役割とその役割を担う可能性のあるメンバーとの関連付け。
エタグ文字列HTTP 1.1ポリシーのエンティティタグ。

GoogleCloudStorage.testBucketIamPermissions

指定されたバケットに対する一連のアクセス権をテストして、呼び出し元が保持しているものがあるかどうかを調べます。

,

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
許可文字列テストする権限。

GoogleCloudStorage.updateBucket

新しいバケットを更新します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケツの名前。
ifMetagenerationMatchバケットの現在のメタエージェントが指定された値と一致するかどうかを条件として、バケットメタデータの復帰を条件付きにします。
ifMetagenerationNotMatchバケットの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで、バケットメタデータの復帰を条件付きにします。
定義済みのAcl文字列このバケットに定義済みのアクセス制御のセットを適用します。
predefinedDefaultObjectAcl文字列既定のオブジェクトアクセスコントロールのセットをこのバケットに適用します。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトはnoAclです。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :owner、acl、およびdefaultObjectAclプロパティは省略します。
aclJSONJSONオブジェクトの配列バケット上のコントロールにアクセスします。
コルスJSONJSONオブジェクトの配列バケットのCross-Origin Resource Sharing(CORS)設定。
defaultObjectAclJSONJSONオブジェクトの配列ACLが指定されていない場合に新しいオブジェクトに適用するデフォルトのアクセス制御。
ライフサイクルJSONJSONオブジェクトの配列バケットのライフサイクル設定。
ロケーション文字列バケットの位置。バケット内のオブジェクトのオブジェクトデータは、この領域内の物理ストレージに存在します。デフォルトはUSです。
logBu​​cket文字列現在のバケットのログを配置する宛先バケット。
logObjectPrefix文字列ログオブジェクト名の接頭辞。
storageClass文字列新しく作成されたオブジェクトにstorageClassが指定されていない場合に使用されるバケットのデフォルトのストレージクラス。これは、バケット内のオブジェクトの格納方法を定義し、SLAとストレージのコストを決定します。値には、MULTI_REGIONAL、REGIONAL、STANDARD、NEARLINE、COLDLINE、およびDURABLE_REDUCED_AVAILABILITYが含まれます。バケットの作成時にこの値が指定されていない場合は、デフォルトでSTANDARDになります。詳細については、ストレージクラスを参照してください。
enableVersioningブールtrueに設定されている間、このバケットのバージョニングは完全に有効になっています。
websiteMainPageSuffix文字列要求されたオブジェクトパスが見つからない場合、サービスはパスの末尾に「/」が付いていることを確認し、この接尾辞を追加して、結果のオブジェクトを取得しようとします。これにより、ディレクトリページを表すindex.htmlオブジェクトの作成が可能になります。
websiteNotFoundPage文字列要求されたオブジェクトパスが見つからず、mainPageSuffixオブジェクトが見つからない場合、該当する場合、サービスはこのバケットの名前付きオブジェクトを404 Not Found結果のコンテンツとして返します。

GoogleCloudStorage.getDefaultObjectAclEntry

指定されたバケット上の指定されたエンティティのデフォルトのオブジェクトACLエントリを返します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列許可を保持しているエンティティ。 USER-することができuserId 、USER- emailAddress 、基- groupId 、基- emailAddress 、ALLUSERS、またはallAuthenticatedUsers。

GoogleCloudStorage.createDefaultObjectAclEntry

指定されたバケットに新しいデフォルトオブジェクトACLエントリを作成します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列権限を保持するエンティティは、次のいずれかの形式で指定しますuserId<,/ code>は、USER- email 、基- groupId 、基- email 、ドメイン単位domain 、プロジェクト- team-projectId 、ALLUSERS、allAuthenticatedUsers。
役割選択エンティティへのアクセス許可。受け入れ可能な値は、 OWNERREADERです。

GoogleCloudStorage.getDefaultObjectAllAclEntries

指定されたバケット上のデフォルトのオブジェクトACLエントリを取得します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
ifMetagenerationMatch存在する場合は、バケットの現在のメタジェネレーションがこの値と一致する場合にのみ、デフォルトのACLリストを返します。
ifMetagenerationNotMatch存在する場合は、バケットの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しない場合にのみ、デフォルトのACLリストを返します。

GoogleCloudStorage.updateDefaultObjectAclEntry

指定されたバケット上のデフォルトのオブジェクトACLエントリを更新します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列エンティティは、次のいずれかの形式で、権限を保持している:USER- userId 、USER- email 、基- groupId 、基- email 、ドメイン単位domain 、プロジェクト- team-projectId 、ALLUSERS、allAuthenticatedUsersを。
役割選択エンティティへのアクセス許可。許容できる値は、OWNER、READER

GoogleCloudStorage.deleteObjectAclEntry

指定されたオブジェクト上の指定されたエンティティのACLエントリを恒久的に削除します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列エンティティは、次のいずれかの形式で、権限を保持している:USER- userId 、USER- email 、基- groupId 、基- email 、ドメイン単位domain 、プロジェクト- team-projectId 、ALLUSERS、allAuthenticatedUsersを。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.getObjectAclEntry

指定されたオブジェクトの指定されたエンティティのACLエントリを返します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列エンティティは、次のいずれかの形式で、権限を保持している:USER- userId 、USER- email 、基- groupId 、基- email 、ドメイン単位domain 、プロジェクト- team-projectId 、ALLUSERS、allAuthenticatedUsersを。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.createObjectAclEntry

指定されたオブジェクトに新しいACLエントリを作成します。

<,td>選択

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列エンティティは、次のいずれかの形式で、権限を保持している:USER- userId 、USER- email 、基- groupId 、基- email 、ドメイン単位domain 、プロジェクト- team-projectId 、ALLUSERS、allAuthenticatedUsersを。
役割エンティティへのアクセス許可。受け入れ可能な値は、 OWNERREADERです。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.getObjectAllAclEntries

指定されたオブジェクトのACLエントリを取得します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.updateObjectAclEntry

指定されたオブジェクトのACLエントリを更新します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列エンティティは、次のいずれかの形式で、権限を保持している:USER- userId 、USER- email 、基- groupId 、基- email 、ドメイン単位domain 、プロジェクト- team-projectId 、ALLUSERS、allAuthenticatedUsersを。
役割選択エンティティへのアクセス許可。受け入れ可能な値は、 OWNERREADERです。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.composeObjects

既存のオブジェクトのリストを同じバケット内の新しいオブジェクトに連結します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
destinationBucket文字列新しいオブジェクトを格納するバケットの名前。
destinationObject文字列新しいオブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
destinationPredefinedAcl文字列あらかじめ定義された一連のアクセスコントロールを宛先オブジェクトに適用します。
ifGenerationMatch文字列オブジェクトの現在の世代が指定された値と一致するかどうかで動作を条件付きにします。
ifMetagenerationMatch文字列オブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
JSON結果のオブジェクトのプロパティ。
sourceObjectsJSON1つのオブジェクトに連結されるソースオブジェクトのリスト。

GoogleCloudStorage.copyObject

コピー元オブジェクトをコピー先オブジェクトにコピーします。必要に応じてメタデータをオーバーライドします。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
destinationBucket文字列新しいオブジェクトを格納するバケットの名前。提供されているオブジェクトメタデータのバケット値(ある場合)をオーバーライドします。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
destinationObject文字列新しいオブジェクトの名前。オブジェクトメタデータが他に提供されない場合に必要です。オブジェクトメタデータの名前値があればそれをオーバーライドします。
sourceBucket文字列ソースオブジェクトを見つけるバケットの名前。
sourceObject文字列ソースオブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、Encoを参照してください。,URIパスパーツを削除する。
destinationPredefinedAcl文字列あらかじめ定義された一連のアクセスコントロールを宛先オブジェクトに適用します。
ifGenerationMatch宛先オブジェクトの現在の世代が指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifGenerationNotMatch宛先オブジェクトの現在の世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationMatchターゲットオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationNotMatch宛先オブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceGenerationMatchソースオブジェクトの世代が指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceGenerationNotMatchソースオブジェクトの世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceMetagenerationMatchソースオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceMetagenerationNotMatchソースオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトでfullになっているときに、オブジェクトリソースがaclプロパティを指定していない限り、デフォルトはnoAclになります。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :所有者、aclプロパティを省略します。
sourceGeneration存在する場合は、ソースオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。
objectResourceJSONオブジェクトリソース。

GoogleCloudStorage.deleteObject

オブジェクトとそのメタデータを削除します。バケットに対してバージョニングが有効になっていない場合、またはgenerationパラメータが使用されている場合、削除は永続的です。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列オブジェクトが存在するバケットの名前。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代存在する場合、このオブジェクトの特定のリビジョンを永久に削除します(最新バージョンではなく、デフォルト)。
ifGenerationMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致するかどうかで動作を条件付きにします。
ifGenerationNotMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationMatchオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationNotMatchオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。

GoogleCloudStorage.getSingleObject

オブジェクトまたはそのメタデータを取得します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列オブジェクトが存在するバケットの名前。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代存在する場合、このオブジェクトの特定のリビジョンを永久に削除します(最新バージョンではなく、デフォルト)。
ifGenerationMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致するかどうかで動作を条件付きにします。
ifGenerationNotMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationMatch操作を条件付きで行うかどうかを,オブジェクトの現在のメタジェネレーションは、指定された値と一致します。
ifMetagenerationNotMatchオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトでfullになっているときに、オブジェクトリソースがaclプロパティを指定していない限り、デフォルトはnoAclになります。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :所有者、aclプロパティを省略します。

GoogleCloudStorage.getObjectIamPolicy

指定されたオブジェクトのIAMポリシーを返します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列オブジェクトが存在するバケットの名前。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。パス名でオブジェクト名をURLエンコードする方法については、「URIパス部分のエンコード」を参照してください。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.createObject

新しいオブジェクトとメタデータを格納します。 Google Cloud Storageへのアップロードに関するヒントについては、ベストプラクティスをご覧ください。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列新しいオブジェクトを格納するバケットの名前。提供されているオブジェクトメタデータのバケット値があればそれをオーバーライドします。
ファイルファイルアップロードするファイル
contentEncodingファイル設定されている場合は、最終オブジェクトのcontentEncodingプロパティをこの値に設定します。このパラメータを設定することは、contentEncodingメタデータプロパティを設定することと同じです。
ifGenerationMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致するかどうかで動作を条件付きにします。
ifGenerationNotMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationMatchオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationNotMatchオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
文字列オブジェクトの名前。
定義済みのAcl文字列事前定義された一連のアクセスコントロールをこのオブジェクトに適用します。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトでfullになっているときに、オブジェクトリソースがaclプロパティを指定していない限り、デフォルトはnoAclになります。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :所有者、aclプロパティを省略します。
aclJSONオブジェクトのコントロールにアクセスします。
cacheControl文字列オブジェクトデータのCache-Controlディレクティブ。省略され、すべての匿名ユーザーがオブジェクトにアクセスできる場合、デフォルトはpublic、max-age = 3600になります。
contentDisposition文字列コンテンツ - オブジェクトデータの廃棄。
contentEncoding文字列オブジェクトデータの内容 - 符号化。
contentLanguage文字列オブジェクトデータの内容 - 言語。
crc32c文字列付録B RFC 4960に記述されているCRC32cチェックサム。ビッグエンディアンのバイトオーダでbase64を使用してエンコードされます。 CRC32cチェックサムの使用の詳細については、
md5ハッシュ文字列データのMD5ハッシュ; base64を使用してエンコードされます。
メタデータJSONユーザー提供のメタデータ(キーと値のペア)。
storageClass文字列オブジェクトのストレージクラス。

GoogleCloudStorage.getObjects

条件に一致するオブジェクトのリストを取得します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列オブジェクトを探すバケットの名前。
デリミタ文字列結果をディレクトリのようなモードで返します。アイテムにはn個のオブジェクトのみが含まれます,amesは接頭辞を除いて区切り文字を含みません。接頭辞以外の名前に区切り文字が含まれているオブジェクトの名前は、区切り記号の後で切り捨てられ、接頭辞で返されます。重複プレフィックスは省略されています。
maxResults返すプレフィックスとアイテムの最大数。重複プレフィックスは省略されるため、要求されたものよりも少ない結果が返される可能性があります。このパラメータのデフォルト値は1,000項目です。
pageToken文字列表示される大きな結果セットの一部を表す、以前に返されたページトークン。
プレフィックス文字列名前がこの接頭辞で始まるオブジェクトに結果をフィルタリングします。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトはnoAclです。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :所有者のaclプロパティを省略します。
バージョン文字列trueの場合、オブジェクトのすべてのバージョンを別個の結果としてリストします。デフォルトはfalseです。

GoogleCloudStorage.rewriteObject

ソースオブジェクトを宛先オブジェクトに書き換えます。必要に応じてメタデータをオーバーライドします。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
destinationBucket文字列新しいオブジェクトを格納するバケットの名前。提供されているオブジェクトメタデータのバケット値があればそれをオーバーライドします。
destinationObject文字列新しいオブジェクトの名前。オブジェクトメタデータが他に提供されない場合に必要です。オブジェクトメタデータの名前値があればそれをオーバーライドします
sourceBucket文字列ソースオブジェクトを見つけるバケットの名前。
sourceObject文字列ソースオブジェクトの名前。
destinationPredefinedAcl文字列あらかじめ定義された一連のアクセスコントロールを宛先オブジェクトに適用します。
ifGenerationMatch宛先オブジェクトの現在の世代が指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifGenerationNotMatch宛先オブジェクトの現在の世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationMatchターゲットオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationNotMatch宛先オブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceGenerationMatchソースオブジェクトの世代が指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceGenerationNotMatchソースオブジェクトの世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceMetagenerationMatchソースオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifSourceMetagenerationNotMatchソースオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
maxBytesRewrittenPerCall書き換え要求ごとに書き換えられる最大バイト数。ほとんどの呼び出し側は、このパラメータを指定する必要はありません。主にテストをサポートするためのものです。指定する場合、値は1 MiB(1048576)の整数倍でなければなりません。また、これは、送信元および宛先のスパン位置および/またはストレージクラスが要求される場合にのみ適用されます。最後に、この値はrewrite呼び出しの間に変更してはいけません。そうでなければ、rewriteTokenが無効であるというエラーが発生します。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトでfullになっているときに、オブジェクトリソースがaclプロパティを指定していない限り、デフォルトはnoAclになります。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :所有者、aclプロパティを省略します。
rewriteToken文字列最初の1つ後の各書き換え要求に、このフィールドを(以前の書き換え応答から)書き換えて、書き換え応答「完了」フラグがtrueになるまで含めます。 rewriteTokenを提供する呼び出しは、他のすべての要求フィールドを省略することができますが、含まれていれば、それらのフィールドは最初の書き換え要求で指定された値と一致する必要があります。
sourceGeneration文字列存在する場合は、特定のリビジョンを選択します。,(最新のバージョンではなく、デフォルト)。
objectResourceJSON存在する場合は、ソースオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.updateObjectIamPolicy

指定されたオブジェクトのIAMポリシーを更新します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列オブジェクトが存在するバケットの名前。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.testObjectIamPermissions

指定されたオブジェクトに対するアクセス権のセットをテストして、呼び出し元によって保持されているものがある場合それを確認します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列オブジェクトが存在するバケットの名前。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。
許可文字列テストする権限。
世代文字列存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。

GoogleCloudStorage.updateObject

オブジェクトのメタデータを更新します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列オブジェクトが存在するバケットの名前。
オブジェクト文字列オブジェクトの名前。
世代存在する場合は、このオブジェクトの特定のリビジョンを選択します(最新バージョンではなく、デフォルト)。
ifGenerationMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致するかどうかで動作を条件付きにします。
ifGenerationNotMatchオブジェクトの現在の世代が指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationMatchオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致するかどうかで操作を条件付きにします。
ifMetagenerationNotMatchオブジェクトの現在のメタジェネレーションが指定された値と一致しないかどうかで操作を条件付きにします。
定義済みのAcl事前定義された一連のアクセスコントロールをこのオブジェクトに適用します。
投影選択返されるプロパティのセット。デフォルトはfullです。許容値は次のとおりです。 full :すべてのプロパティを含めます。 noAcl :所有者のaclプロパティを省略します。
aclJSONオブジェクトのコントロールにアクセスします。
cacheControl文字列オブジェクトデータのCache-Controlディレクティブ。省略され、すべての匿名ユーザーがオブジェクトにアクセスできる場合、デフォルトはpublic、 max-age=3600ます。
contentDisposition文字列コンテンツ - オブジェクトデータの廃棄。
contentEncoding文字列オブジェクトデータの内容 - 符号化。
contentLanguage文字列オブジェクトデータの内容 - 言語。
contentType文字列オブジェクトデータのContent-Type。 contentTypeが指定されていない場合、オブジェクトのダウンロードはapplication / octet-streamとして提供されます。
メタデータJSONユーザー提供のメタデータ(キーと値のペア)。

GoogleCloudStorage.deleteBucketAclEntry

指定されたバケット上の指定されたエンティティのACLエントリを永久に削除します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列許可を保持しているエンティティ。 USER-することができuserId 、USER- emailAddress 、基- groupId 、基- emailAddress 、ALLUSERS、またはallAuthenticatedUsers,。

GoogleCloudStorage.getBucketAclEntry

指定されたバケット上の指定されたエンティティのACLエントリを返します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列許可を保持しているエンティティ。 USER-することができuserId 、USER- emailAddress 、基- groupId 、基- emailAddress 、ALLUSERS、またはallAuthenticatedUsers。

GoogleCloudStorage.createBucketAclEntry

指定されたバケットに新しいACLエントリを作成します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列許可を保持しているエンティティ。 USER-することができuserId 、USER- emailAddress 、基- groupId 、基- emailAddress 、ALLUSERS、またはallAuthenticatedUsers。
役割選択エンティティへのアクセス許可。許容できる値は、 OWNERREADER

GoogleCloudStorage.getBucketAllAclEntries

指定されたバケット上のACLエントリを取得します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。

GoogleCloudStorage.updateBucketAclEntry

指定されたバケットのACLエントリを更新します。

フィールドタイプ説明
アクセストークン資格情報Googleクラウドアクセストークン
バケツ文字列バケットの名前。
エンティティ文字列許可を保持しているエンティティ。 USER-することができuserId 、USER- emailAddress 、基- groupId 、基- emailAddress 、ALLUSERS、またはallAuthenticatedUsers。
役割選択エンティティへのアクセス許可。受け入れ可能な値は、 OWNERREADERです。
x
circle
GoogleCloudStorage
$ / m
毎月クレジットカードまたは請求書にて請求を行います。 この際、前月の超過分の請求も行われます。
?

情報が不足しています

未入力の項目があります。
これらの詳細情報は、お客様の保護や最新情報をお知らせするために利用されます。

x

Rakuten RapidAPIに登録しましょう。

  • integrate
    お客様のアプリにAPIを統合する
    Ruby, Java, Elixir, Node.js, Phyton, Objective C, Swift, PHP さらに
  • keys
    API keyを複数まとめて保存する
  • notifications
    APIの変更通知を受け取る
  • stats
    統計情報を取得し、APIコネクションをモニターする
__SING_UP_WITH_GITHUB__
__SING_UP_WITH_FACEBOOK__
__SING_UP_WITH_GOOGLE__
  • 我々がウォールに投稿することはございません
  • 我々からスパム通信を送付することはありません
  • esc画面を閉じる
    x

    Authentication

    認証
    esc画面を閉じる