• インストール:
  • 本日: 0
  • 通算: 21097
開発者:userserg.osipchuk

ClarifaiV2 API パッケージ

イメージ/ビデオ認識のための機械学習モデルを構築する。

エンドポイント一覧
エンドポイント一覧は以下の通りです。アプリケーションにエンドポイントを追加するには「エンドポイントに接続」をクリックしてください
全てを表示
ディスカッション
user thumbnail
jason1: Clarifai v2?
2016-11-22
全てを表示
Readme

クラリファイ

この翻訳は機械翻訳です。正確ではない可能性があります。

Clarifaiカスタムモデルパッケージ

イメージ/ビデオ認識のための機械学習モデルを構築する。

  • ドメイン:clarifai.com
  • 資格情報:apiKey

資格を取得する方法:

  1. サインアップ: clarifai.com
  2. 開発者ダッシュボードに移動
  3. 新しいアプリケーションの作成ボタンを押します
  4. API KEYコピーして保存する
Note: API Keys have replaced Access Tokens/Client ID & Secret

API Keys will now be used to authorize your Clarifai applications. You can go to API Keys page to create a new key. This change will not break existing applications - Access Tokens will be supported until late 2017. You can find more information on our blog.

カスタムデータ型:

データ・タイプ説明
Datepicker日付と時刻を含む文字列2016-05-28 00:00:00
地図昏睡区切りの緯度と経度を含む文字列50.37, 26.56
リストシンプルな配列["123", "sample"]
選択定義済みの値を持つ文字列sample
アレイオブジェクトの配列[{"Second name":"123","Age":"12","Photo":"sdf","Draft":"sdfsdf"},{"name":"adi","Second name":"bla","Age":"4","Photo":"asfserwe","Draft":"sdfsdf"}]

ClarifaiV2.getAllConcepts

すべての概念をリストする

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
ページページ番号(オプション、デフォルト:1)
1ページあたり1ページに返すイメージの数(オプション、デフォルト:20)

ClarifaiV2.getConcept

IDを与えられた単一の概念をリストする

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列概念のID

ClarifaiV2.createConcept

IDと名前を与えられた概念のリストを追加する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
コンセプトアレイメディアオブジェクトの配列
コンセプト[]。コンセプトオブジェクト文字列の場合、これはコンセプトIDとみなされます。それ以外の場合は、次の属性を持つオブジェクト
コンセプト[]。コンセプト.id文字列新しい概念のid(必須)
concepts []。concept.name文字列新しいコンセプトの名前

conceptsフィールドの例:

"concepts": [{
    "id": "test_c_1",
    "name": "Test concepts"
}]

ClarifaiV2.searchConcepts

名前を与えられた概念を検索する。ワイルドカードを与えることができます(例:これらの概念が存在する場合、名前 "bo *"は "boat"および "bow"と一致します)。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
文字列検索するコンセプトの名前

ClarifaiV2.getAllInputs

アプリ内のすべての入力を取得する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
ページページ番号(オプション、デフォルト:1)
1ページあたり1ページに返すイメージの数(オプション、デフォルト:20)

ClarifaiV2.getInput

IDで入力を取得する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列入力ID

ClarifaiV2.getInputsStatus

入力ステータス(アップロードされた、処理中の入力または失敗した入力の数)

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー

ClarifaiV2.createInputs

入力を追加します。あなたは送信に制限されています,一度に128のインプットを与えます。

フィールドタイプ説明
apiKey文字列これは、APIへのアクセスを承認するために使用されます。キー実行getAccessTokenメソッドを取得する。
入力JSON1つのメディアオブジェクトまたはメディアオブジェクトの配列(最大128の入力/呼び出し; 128を超えると例外がスローされます)が可能です。
入力[]。入力オブジェクトstringが指定された場合、これはイメージURLとみなされます
inputs []。input.data.image.base64文字列公にアクセス可能なURLにすることができます(base64またはurlが必要です)
inputs []。input.data.image.url文字列公開されてアクセス可能なURLまたはイメージバイトを表すbase64文字列(base64またはurlが必要)
inputs []。input.id文字列入力のID(オプション)
inputs []。input.crop数字の配列上、左、下、右から切り取るパーセントを含む配列(オプション)
inputs []。input.data.metadataオブジェクトの配列入力に添付するキー値を持つオブジェクト(オプション)
inputs []。input.data.conceptsオブジェクトの配列メディアオブジェクトにアタッチするコンセプトの配列(オプション)
入力[]。input.data.concepts []。コンセプトオブジェクト文字列が与えられた場合、これは値がtrueである概念IDとみなされます
inputs []。input.data.concepts []。concept.id文字列コンセプトID(必須)
inputs []。input.data.concepts []。concept.valueブール値コンセプトの正(true)または負(false)の例であるかどうか(デフォルト:true)
入力[]。input.data.concepts []。文字列任意の文字列を使用できます。

inputsフィールドの例:

"inputs": [{
  "data": {
    "image": {
      "url": "https://samples.clarifai.com/puppy.jpeg"
    },
    "concepts":[
      {
        "id": "boscoe",
        "value": true
      }
    ]
  }
}]
``` 作物で: ```json
"inputs": [{
  "data": {
    "image": {
      "url": "https://samples.clarifai.com/metro-north.jpg",
      "crop": [0.2, 0.4, 0.3, 0.6]
    }
  }
}]

カスタムメタデータを使用する場合: ```json "inputs": [{ "data": { "image": { "url": "https://samples.clarifai.com/puppy.jpeg" }, "metadata": { "key": "value", "list":[1,2,3] } } }]


## ClarifaiV2.createInput

1つの入力を作成します。

| フィールド | タイプ | 説明 |
| --- | --- | --- |
| apiKey | 文字列 | これは、APIへのアクセスを承認するために使用されます。キー実行`getAccessToken`メソッドを取得する。 |
| 画像 | ファイル | 画像ファイル |
| id | 文字列 | 入力ID |
| conceptId | 文字列 | コンセプトID |
| conceptValue | ブール | コンセプトの正(true)または負(false)の例であるかどうか(デフォルト:true) |
| メタデータ | JSON | 入力に添付するキー値を持つオブジェクト |
| cropLeft | 浮く | **左側**から切り取る割合。例: `0.3` |
| cropRight | 浮く | **右**から切り取る割合。例: `0.6` |
| cropTop | 浮く | **上**から切り取る割合。例: `0.6` |
| cropBottom | 浮く | **下**から切り取る割合。例: `0.1` |

#### `inputs`フィールドの例:

```json
"metadata": {
  "key": "value",
  "list": [1, 2, 3]
}

ClarifaiV2.deleteInputs

入力のリストを削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報これは、APIへのアクセスを承認するために使用されます。キー実行getAccessTokenメソッドを取得する。
idsリストJSON文字列の配列。削除する入力のID

idsフィールドの例:

"ids": ["test1", "test2"]

ClarifaiV2.deleteInputById

IDで入力を削除する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報これは、APIへのアクセスを承認するために使用されます。キー実行getAccessTokenメソッドを取得する。
id文字列削除する入力のID

ClarifaiV2.deleteAllInputs

1回のAPI呼び出しで複数の入力を削除することもできます。これは非同期的に発生します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報これは承認に使用されます,APIへのあなたのアクセス。キー実行getAccessTokenメソッドを取得する。

ClarifaiV2.mergeInputsConcepts

概念を一括入力にマージする

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
入力JSON更新する概​​念のリスト(最大128入力/呼び出し; 128を超えると例外がスローされます)。
入力[]。入力オブジェクト
inputs []。input.id文字列更新する入力のID
inputs []。input.data.metadataオブジェクト入力に添付するキー値を持つオブジェクト(オプション)
inputs []。input.data.concepts文字列以下に説明するキーを持つオブジェクト:
入力[]。input.data.concepts []。コンセプトオブジェクト
inputs []。input.data.concepts []。concept.id文字列コンセプトID(必須)
inputs []。input.data.concepts []。concept.valueブール値コンセプトの正(true)または負(false)の例であるかどうか(デフォルト:true)

inputsフィールドの例:

"inputs": [{
  "id": "{id1}",
  "data": {
    "concepts": [
      {
        "id": "tree",
        "value": true
      },
      {
        "id": "water",
        "value": false
      }
    ]
  }
},
{
  "id": "{id2}",
  "data": {
    "concepts": [
      {
        "id": "tree",
        "value": true
      },
      {
        "id": "water",
        "value": false
      }
    ]
  }
}]

ClarifaiV2.deleteInputsConcepts

入力を一括で削除する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
入力JSONJSON更新するコンセプトの配列(最大128入力/呼び出し; 128を超えると例外がスローされます)。
入力[]。入力オブジェクト
inputs []。input.id文字列更新する入力のID
inputs []。input.data.concepts文字列以下に説明するキーを持つオブジェクト:
入力[]。input.data.concepts []。コンセプトオブジェクト
inputs []。input.data.concepts []。concept.id文字列コンセプトID(必須)
inputs []。input.data.concepts []。concept.valueブール値コンセプトの正(true)または負(false)の例であるかどうか(デフォルト:true)

inputsフィールドの例:

"inputs": [{
  "id": "{id1}",
  "data": {
    "concepts": [
      {
        "id": "tree",
        "value": true
      },
      {
        "id": "water",
        "value": false
      }
    ]
  }
},
{
  "id": "{id2}",
  "data": {
    "concepts": [
      {
        "id": "tree",
        "value": true
      },
      {
        "id": "water",
        "value": false
      }
    ]
  }
}]

ClarifaiV2.overwriteInputsConcepts

入力を一括で上書きする

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
入力JSON更新する概​​念のリスト(最大128入力/呼び出し; 128を超えると例外がスローされます)。
入力[]。入力オブジェクト
inputs []。input.id文字列更新する入力のID
inputs []。input.data.metadataオブジェクト入力に添付するキー値を持つオブジェクト(オプション)
inputs []。input.concepts文字列以下に説明するキーを持つオブジェクト:
入力[]。入力。概念[]。コンセプトオブジェクト
inputs []。input.concepts []。concept.id文字列コンセプトID(必須)
入力[]。入力。概念[]。概念。値ブール値コンセプトの正(true)または負(false)の例であるかどうか(デフォルト:true)

inputsフィールドの例:

"inputs": [{
  "id": "{id1}",
  "data": {
    "concepts": [
      {
        "id": "tree",
        "value": true
      },
      {
        "id": "water",
        "value": false
      }
    ]
  }
},
{
  "id": "{id2}",
  "data": {
    "concepts": [
      {
        "id": "tree",
        "value": true
      },
      {
        "id": "water",
        "value": false
      }
    ]
  }
}]

ClarifaiV2.searchInputs

概念やイメージに基づいて入力や出力を検索する

フィールドタイプ説明
apiKey文字列これは、APIへのアクセスを承認するために使用されます。キー実行getAccessTokenメソッドを取得する。
クエリJSON一致するすべての予測のリスト
クエリ[]。コンセプトオブジェクト次のキーを持つオブジェクト:
クエリ[]。concept.type文字列'入力'または '出力'で検索します(デフォルト: '出力')。
クエリ[]。コンセプト名文字列コンセプト名
クエリ[]。概念。値ブール値タームが返された予測と一致するかどうかを示します(デフォルト:true)。
クエリ[]。イメージオブジェクトA,n次のキーを含むイメージオブジェクト:
queries []。image.type文字列'入力'または '出力'で検索します(デフォルト: '出力')。
queries []。image.url文字列公開アクセス可能なURL
クエリ[]。image.base64文字列イメージバイトを表すBase64文字列
クエリ[]。image.cropアレイ。上、左、下、右から切り取るパーセントを含む配列(オプション)
queries []。image.metadataオブジェクトのオブジェクトそしてユーザーが指定して検索を絞り込みます(オプション)
ページページ番号(オプション、デフォルト:1)
1ページあたり1ページに返すイメージの数(オプション、デフォルト:20)

クエリフィールドの例:

"queries": [{
    "image": {
        "url": "http://path.to/image.jpg"
    }
}]

ClarifaiV2.addModelConcepts

概念をモデルにマージする

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列変更を適用するモデルのID。
コンセプトJSONコンセプトオブジェクトまたは文字列の配列
コンセプト[]。コンセプト.id文字列モデルに添付する概念のID

conceptsフィールドの例:

"concepts": [{
  "id": "conceptid"
}]

ClarifaiV2.removeModelConcepts

モデルから概念を削除する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列変更を適用するモデルのID。
コンセプトJSONidを持つ概念オブジェクトのリスト。
コンセプト[]。コンセプト.id文字列削除する概念のIDです。

conceptsフィールドの例:

"concepts": [{
  "id": "conceptid"
}]

ClarifaiV2.predictModel

モデルを訓練したら、新しいモデルを使用して予測を行う準備が整いました。返される予測には、表示するように指示した概念のみが含まれます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列モデルのID
入力JSON入力オブジェクトの配列。
inputs []。data.imageオブジェクト以下に説明するキーを持つオブジェクト:
inputs []。data.image.url文字列公にアクセス可能なURLにすることができます(urlまたはbase64が必要です)
inputs []。data.image.base64文字列イメージバイトを表すBase64文字列(urlまたはbase64は必須)

inputsフィールドの例:

"inputs": [{
  "data": {
    "image": {
      "url": "https://samples.clarifai.com/puppy.jpeg"
    }
  }
}]

ClarifaiV2.trainModel

モデルを訓練するときは、あなたが提供した概念ですべての画像を見て、それらから学ぶようにシステムに指示しています。この列車運転は非同期です。モデルが完全に訓練され、準備が整うまで数秒かかることがあります。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列モデルのID

ClarifaiV2.getAllModels

すべてのモデルを返します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
ページページ番号(オプション、デフォルト:1)
1ページあたり1ページに返すイメージの数(オプション、デフォルト:20)

ClarifaiV2.createModel

独自のモデルを作成し、自分のイメージと概念でトレーニングすることができます。どのように見たいのかを練習したら、そのモデルを使って予測を行うことができます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
modelId文字列モデルID
modelNameモデル名
conceptsDataJSONids、概念ID文字列、またはConceptsオブジェクトのインスタンスを持つオブジェクトのリスト。
conceptsMutuallyExclusiveブール値あなたは、このモデルの複数のコンセプトを同じ画像に表示することを期待していますか?存在する場合はfalse(デフォルト)に設定します。それ以外の場合は、trueに設定します。
closedEnvironmentブール値モデルの概念のどれも含まない画像で訓練されたモデルを実行することを期待していますか?存在する場合はfalse(デフォルト)に設定します。それ以外の場合は、trueに設定します。

ClarifaiV2.updateModel

モデルを更新する

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
modelId文字列モデルID
modelName文字列モデル名
conceptsMutuallyExclusiveブール値あなたは、このモデルの複数のコンセプトを同じ画像に表示することを期待していますか?存在する場合はfalse(デフォルト)に設定します。それ以外の場合は、trueに設定します。
closedEnvironmentブール値モデルの概念のどれも含まない画像で訓練されたモデルを実行することを期待していますか?存在する場合はfalse(デフォルト)に設定します。それ以外の場合は、trueに設定します。

ClarifaiV2.getModel

IDで指定されたモデルを返します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列モデルのID

ClarifaiV2.getModelOutputInfo

モデルの出力情報には、それに含まれる概念がリストされます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列モデルのID

ClarifaiV2.getAllModelVersions

モデルの出力情報には、それに含まれる概念がリストされます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列モデルのID

ClarifaiV2.getModelVersion

特定のモデルバージョンを取得するには、modelIdとversionIdを指定する必要があります。モデルのバージョンステータスを調べて、モデルが訓練されているかどうかを判断できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
modelId文字列モデルのID
versionId文字列モデルバージョンのID

ClarifaiV2.getModelTrainingInputs

モデルのトレーニングに使用されたすべての入力を一覧表示できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列モデルのID

ClarifaiV2.getModelTrainingInputsByVersion

また、特定のモデルバージョンをトレーニングするために使用されたすべての入力を一覧表示することもできます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー

| modelId |文字列|モデルのID | versionId |文字列|モデルバージョンのID

ClarifaiV2.deleteModelVersion

アプリケーションに関連するすべてのモデルを削除したい場合は、それを行うこともできます。これらは回復できないので、慎重に進んでください。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
modelId文字列削除するモデルの場合
versionId文字列モデルのバージョンID

ClarifaiV2.deleteModel

IDでモデルを削除する

,

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
id文字列モデルのID

ClarifaiV2.deleteAllModels

すべてのモデルを削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報Clarifai APIキー
x
circle
ClarifaiV2
$ / m
毎月クレジットカードまたは請求書にて請求を行います。 この際、前月の超過分の請求も行われます。
?

情報が不足しています

未入力の項目があります。
これらの詳細情報は、お客様の保護や最新情報をお知らせするために利用されます。

x

Rakuten RapidAPIに登録しましょう。

  • integrate
    お客様のアプリにAPIを統合する
    Ruby, Java, Elixir, Node.js, Phyton, Objective C, Swift, PHP さらに
  • keys
    API keyを複数まとめて保存する
  • notifications
    APIの変更通知を受け取る
  • stats
    統計情報を取得し、APIコネクションをモニターする
__SING_UP_WITH_GITHUB__
__SING_UP_WITH_FACEBOOK__
__SING_UP_WITH_GOOGLE__
  • 我々がウォールに投稿することはございません
  • 我々からスパム通信を送付することはありません
  • esc画面を閉じる
    x

    Authentication

    認証
    esc画面を閉じる