• インストール:
  • 本日: 0
  • 通算: 26866
開発者:userserg.osipchuk

AlchemyText API パッケージ

センチメントと幅広い概念のテキストを分析する。

エンドポイント一覧
エンドポイント一覧は以下の通りです。アプリケーションにエンドポイントを追加するには「エンドポイントに接続」をクリックしてください
全てを表示
ディスカッション
全てを表示
Readme

AlchemyText

この翻訳は機械翻訳です。正確ではない可能性があります。

AlchemyTextパッケージ

センチメントと幅広い概念のテキストを分析する。

  • ドメイン: 錬金術
  • 資格情報:apiKey

資格を取得する方法:

  1. AlchemyAPIにアクセスしてアプリ登録する
  2. カテゴリから自然言語の理解を選択する
  3. Natural Language Understandingを左側のアプリケーションに接続し、価格プランを選択し、ページの下部にある[作成]ボタンをクリックします。
  4. apiKeyを表示するには、[Service Credentials]タブをクリックしてください。

AlchemyText.getCombinedDataFromHtml

複数のテキスト分析操作でHTMLを分析します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
エキス文字列オプション:著者、コンセプト(デフォルト)、日付、ドキュメント感情、エンティティ(デフォルト)、フィード、キーワード(デフォルト)、パブリッシュ日、リレーション、型付き関連、ドキュメントセンチメント、タクソノミー(デフォルト)、title
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含める場合は1に設定します

AlchemyText.getCombinedDataFromUrl

複数のテキスト分析操作でURLを分析します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
エキス文字列オプション:著者、コンセプト(デフォルト)、日付、ドキュメント感情、エンティティ(デフォルト)、フィード、キーワード(デフォルト)、パブリッシュ日、リレーション、型付き関連、ドキュメントセンチメント、タクソノミー(デフォルト)、title
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含める場合は1に設定します

AlchemyText.getCombinedDataFromText

複数のテキスト分析操作でTEXTを分析します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
エキス文字列オプション:著者、コンセプト(デフォルト)、日付、ドキュメント感情、エンティティ(デフォルト)、フィード、キーワード(デフォルト)、パブリッシュ日、リレーション、型付き関連、ドキュメントセンチメント、タクソノミー(デフォルト)、title
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含める場合は1に設定します

AlchemyText.getAuthorsFromHtml

HTML文書から著者名を取得する。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。

AlchemyText.getAuthorsFromUrl

ウェブページから著者名を取得する。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。

AlchemyText.getRankedConceptsFromHtml

HTML文書のテキストから概念を抽出する。サポートされる言語:英語、スペイン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力するとURLの値として表示されます,応答で。
maxRetrieve文字列オプション:抽出するコンセプトの最大数(デフォルト= 8、最大= 50)
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedConceptsFromUrl

ウェブページから概念を抽出する。サポートされる言語:英語、スペイン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
maxRetrieve文字列オプション:抽出するコンセプトの最大数(デフォルト= 8、最大= 50)
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedConceptsFromText

プレーンテキストから概念を抽出します。サポートされる言語:英語、スペイン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
maxRetrieve文字列オプション:抽出するコンセプトの最大数(デフォルト= 8、最大= 50)
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.extractDatesFromHtml

HTMLコンテンツから日付を抽出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:APIキー取得,AlchemyAPIから編集。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
anchorDate文字列オプション:「次の火曜日」のようなテキストでフレーズを解釈するときに「今日」として使用する日付。フォーマット:yyyy-mm-dd hh:mm:ss
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.extractDatesFromUrl

Webページから日付を抽出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
anchorDate文字列オプション:「次の火曜日」のようなテキストでフレーズを解釈するときに「今日」として使用する日付。フォーマット:yyyy-mm-dd hh:mm:ss
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.extractDatesFromText

プレーンテキストから日付を抽出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキスト文字列必須:テキストコンテンツ。
anchorDate文字列オプション:「次の火曜日」のようなテキストでフレーズを解釈するときに「今日」として使用する日付。フォーマット:yyyy-mm-dd hh:mm:ss
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getEmotionFromHtml

HTML文書のテキストに暗示されている感情を検出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアル制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getEmotionFromUrl

ウェブページのテキストに暗示されている感情を検出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアル制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:obにする方法,Webページからソーステキストを削除します。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getEmotionFromText

プレーンテキストで暗示されている感情を検出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getTargetedEmotionFromHtml

HTML文書のターゲットとなるフレーズに向けられた感情を検出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
ターゲット文字列必須:フレーズの配列。このサービスは、ソーステキストにある各フレーズに向けられた感情を分析します。最大20のフレーズをサポートします。フォーマット:フレーズ1
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。パラメータは、指定されたhtmlまたはtextパラメータの場合にのみ使用されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアル制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getTargetedEmotionFromUrl

Webページ上のターゲットとされたフレーズに向けられた感情を検出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL
ターゲット文字列必須:フレーズの配列。このサービスは、ソーステキストにある各フレーズに向けられた感情を分析します。最大20のフレーズをサポートします。フォーマット:フレーズ1
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getTargetedEmotionFromText

テキスト内のターゲットフレーズに向けられた感情を検出します。サポートされる言語:英語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:frを取得したAPIキー,om AlchemyAPI。
テキスト文字列必須:テキストコンテンツ。
ターゲット文字列必須:フレーズの配列。このサービスは、ソーステキストにある各フレーズに向けられた感情を分析します。最大20のフレーズをサポートします。フォーマット:フレーズ1
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getRankedNamedEntitiesFromHtml

エンティティをHTMLドキュメントから抽出します。サポートされる言語:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
maxRetrieve文字列オプション:返すエンティティの最大数(デフォルト= 50)
モデル文字列オプション:ここにカスタムモデルIDを指定して、デフォルトのAlchemyエンティティ抽出モデルを上書きします。 en-news:英語のニュースコンテンツ、es-news:スペインのニュースコンテンツ、ar-news:アラビア語のニュースコンテンツの訓練を受けたパブリックモデルから選択できます。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
コアリファレンス文字列オプション:コアを別々のエンティティとして扱うには、これを0に設定します(デフォルトでは、コアは検出されたエンティティに解決されます)。
曖昧さをなくす文字列オプション:これを0に設定すると、応答内のエンティティの曖昧さ解消情報を非表示にします。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
引用文字列オプション:検出されたエンティティにリンクされている引用を含めるには、これを1に設定します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに関連付けられた感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
structuredEntities文字列オプション:Quantity、EmailAddress、TwitterHandle、Hashtag、およびIPAddressなどの構造化エンティティを無視するには、これを0に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedNamedEntitiesFromUrl

エンティティをWebページから抽出します。サポートされる言語:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL
maxRetrieve文字列オプション:返すエンティティの最大数(デフォルト= 50)
モデル文字列オプション:ここにカスタムモデルIDを指定して、デフォルトのAlchemyエンティティ抽出モデルを上書きします。 en-news:英語のニュースコンテンツ、es-news:スペインのニュースコンテンツ、ar-news:アラビア語のニュースコンテンツの訓練を受けたパブリックモデルから選択できます。
コアリファレンス文字列オプション:これを0に設定すると、コアをse,(デフォルトでは、コアは検出されたエンティティに解決されます)。
曖昧さをなくす文字列オプション:これを0に設定すると、応答内のエンティティの曖昧さ解消情報を非表示にします。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
引用文字列オプション:検出されたエンティティにリンクされている引用を含めるには、これを1に設定します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに関連付けられた感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
structuredEntities文字列オプション:Quantity、EmailAddress、TwitterHandle、Hashtag、およびIPAddressなどの構造化エンティティを無視するには、これを0に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedNamedEntitiesFromText

エンティティをプレーンテキストから抽出します。サポートされる言語:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
maxRetrieve文字列オプション:返すエンティティの最大数(デフォルト= 50)
モデル文字列オプション:ここにカスタムモデルIDを指定して、デフォルトのAlchemyエンティティ抽出モデルを上書きします。 en-news:英語のニュースコンテンツ、es-news:スペインのニュースコンテンツ、ar-news:アラビア語のニュースコンテンツの訓練を受けたパブリックモデルから選択できます。
コアリファレンス文字列オプション:コアを別々のエンティティとして扱うには、これを0に設定します(デフォルトでは、コアは検出されたエンティティに解決されます)。
曖昧さをなくす文字列オプション:これを0に設定すると、応答内のエンティティの曖昧さ解消情報を非表示にします。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
引用文字列オプション:検出されたエンティティにリンクされている引用を含めるには、これを1に設定します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに関連付けられた感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
structuredEntities文字列オプション:Quantity、EmailAddress、TwitterHandle、Hashtag、およびIPAddressなどの構造化エンティティを無視するには、これを0に設定します。

AlchemyText.getFeedLinksFromHtml

HTMLドキュメントからRSS / ATOMフィードリンクを抽出します。

フィールドタイプ説明
資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列必須:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。

AlchemyText.getFeedLinksFromUrl

WebページからRSS / ATOMフィードリンクを抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。

AlchemyText.getRankedKeywordsFromHtml

HTML文書からキーワードを抽出します。サポートされる言語:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
maxRetrieve文字列オプション:返すキーワードの最大数(デフォルト= 50)
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに関連付けられた感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアル制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedKeywordsFromUrl

ウェブページからキーワードを抽出します。サポートされる言語:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
maxRetrieve文字列オプション:返すキーワードの最大数(デフォルト= 50)
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに関連付けられた感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurl paraの場合にのみ使用されます,メートル。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedKeywordsFromText

プレーンテキストからキーワードを抽出します。サポートされる言語:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
maxRetrieve文字列オプション:返すキーワードの最大数(デフォルト= 50)
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに関連付けられた感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
感情文字列オプション:検出された各エンティティに対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getLanguageFromHtml

HTML文書の言語を検出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getLanguageFromUrl

ウェブページの言語を検出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getLanguageFromText

プレーンテキストの言語を検出します。

,

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getMicroformatDataFromHtml

HTML文書からマイクロフォーマットを抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列必須:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。

AlchemyText.getMicroformatDataFromUrl

Webページからマイクロフォーマットを抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。

AlchemyText.getPublicationDateFromHtml

HTMLドキュメントの公開日を取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。

AlchemyText.getPublicationDateFromUrl

Webページの公開日を取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。

AlchemyText.getRelationsFromHtml

HTML文書からSubject-Action-Object関係を抽出する。サポートされる言語:英語、スペイン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
maxRetrieve文字列オプション:返すエンティティの最大数(デフォルト= 50、最大= 100)。
キーワード文字列オプション:検出されたリレーションのキーワードを識別するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
実体文字列オプション:検出されたリレーション内の名前付きエンティティを識別するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
requireEntities文字列オプション:少なくとも1つの名前付きエンティティを含むリレーションに結果を制限するには、これを1に設定します。
コアリファレンス文字列オプション:コアを別々のエンティティとして扱うには、これを0に設定します(デフォルトでは、コアは検出されたエンティティに解決されます)。
曖昧さをなくす文字列オプション:これを0に設定すると、応答内のエンティティの曖昧さ解消情報を非表示にします。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
感情文字列オプション:各結果に対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
sentimentExcludeEntities文字列オプション:センチメント分析から名前付きエンティティテキストを除外するには、これを1に設定します。 exapmleについては、 "New York"の "New"を分析しないでください。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアル制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、訪問,パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRelationsFromUrl

WebページからSubject-Action-Objectリレーションを抽出します。サポートされる言語:英語、スペイン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
maxRetrieve文字列オプション:返すエンティティの最大数(デフォルト= 50、最大= 100)。
キーワード文字列オプション:検出されたリレーションのキーワードを識別するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
実体文字列オプション:検出されたリレーション内の名前付きエンティティを識別するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
requireEntities文字列オプション:少なくとも1つの名前付きエンティティを含むリレーションに結果を制限するには、これを1に設定します。
コアリファレンス文字列オプション:コアを別々のエンティティとして扱うには、これを0に設定します(デフォルトでは、コアは検出されたエンティティに解決されます)。
曖昧さをなくす文字列オプション:これを0に設定すると、応答内のエンティティの曖昧さ解消情報を非表示にします。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
感情文字列オプション:各結果に対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
sentimentExcludeEntities文字列オプション:センチメント分析から名前付きエンティティテキストを除外するには、これを1に設定します。 exapmleについては、 "New York"の "New"を分析しないでください。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRelationsFromText

Subject-Action-Objectリレーションをプレーンテキストから抽出します。サポートされる言語:英語、スペイン語

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
maxRetrieve文字列オプション:返すエンティティの最大数(デフォルト= 50、最大= 100)。
キーワード文字列オプション:検出されたリレーションのキーワードを識別するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
実体文字列オプション:検出されたリレーション内の名前付きエンティティを識別するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。requireEntities文字列オプション:少なくとも1つの名前付きエンティティを含むリレーションに結果を制限するには、これを1に設定します。
コアリファレンス文字列オプション:コアを別々のエンティティとして扱うには、これを0に設定します(デフォルトでは、コアは検出されたエンティティに解決されます)。
曖昧さをなくす文字列オプション:これを0に設定すると、応答内のエンティティの曖昧さ解消情報を非表示にします。
ナレッジグラフ文字列オプション:ナレッジグラフ情報を結果に含めるには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
linkedData文字列オプション:応答内のリンクデータコンテンツリンクを非表示にするには、これを0に設定します。
感情文字列オプション:各結果に対する感情を分析するには、これを1に設定します。これにより追加の取引料金が発生します。
sentimentExcludeEntities文字列オプション:センチメント分析から名前付きエンティティテキストを除外するには、これを1に設定します。 exapmleについては、 "New York"の "New"を分析しないでください。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getTypedRelationsFromHtml

カスタムモデルを使用して、HTML文書内の検出されたエンティティ間の型付き関係を識別します。型付きリレーションシップのソーステキストは5 KBに切り捨てられます。型付きリレーションは、検出されたエンティティ間のさまざまなタイプの接続を識別します。例えば、エンティティ "Oscar"と "Leonardo DiCaprio"は "awardedTo"関係でリンクされているかもしれません。ドメインの結果を調整するには、Watson Knowledge Studioで独自のカスタムエンティティとカスタムモデルとの関係を指定できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
モデル文字列オプション:カスタムモデルの一意の英数字の識別子。また、以下のパブリックモデルから選択することもできます:en-news:英語のニュースコンテンツを習得します(デフォルト)。 es-news:スペインのニュースコンテンツの訓練を受けました。 ar-news:アラビア語のニュースコンテンツの訓練を受けました。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getTypedRelationsFromUrl

カスタムモデルを使用して、Webページから検出されたエンティティ間の型付き関係を識別します。型付きリレーションシップのソーステキストは5 KBに切り捨てられます。型付きリレーションは、検出されたエンティティ間のさまざまなタイプの接続を識別します。例えば、エンティティ "Oscar"と "Leonardo DiCaprio"は "awardedTo"関係でリンクされているかもしれません。ドメインの結果を調整するには、Watson Knowledge Studioで独自のカスタムエンティティとカスタムモデルとの関係を指定できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
モデル文字列オプション:カスタムモデルの一意の英数字の識別子。また、以下のパブリックモデルから選択することもできます:en-news:英語のニュースコンテンツを習得します(デフォルト)。 es-news:スペインのニュースコンテンツの訓練を受けました。 ar-news:アラビア語のニュースコンテンツの訓練を受けました。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getTypedRelationsFromText

カスタムモデルを使用して、検出されたエンティティ間の型付き関係をプレーンテキストで識別します。型付きリレーションシップのソーステキストは5 KBに切り捨てられます。型付きリレーションは、検出されたエンティティ間のさまざまなタイプの接続を識別します。例えば、エンティティ "Oscar"と "Leonardo DiCaprio"は "awardedTo"関係でリンクされているかもしれません。ドメインの結果を調整するには、Watson Knowledge Studioで独自のカスタムエンティティとカスタムモデルとの関係を指定できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
URL文字列
モデル文字列オプション:カスタムモデルの一意の英数字の識別子。また、以下のパブリックモデルから選択することもできます:en-news:英語のニュースコンテンツを習得します(デフォルト)。 es-news:スペインのニュースコンテンツで訓練を受けました。 ar-news:アラビア語のニュースコンテンツの訓練を受けました。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getTextSentimentFromHtml

HTML文書の全体的な感情を分析します。サポートされる言語:アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getTextSentimentFromUrl

ウェブページの全体的な感情を分析します。サポートされる言語:アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getTextSentimentFromText

プレーンテキストの全体的な感情を分析します。サポートされる言語:アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getTargetedSentimentFromHtml

HTML文書のターゲットフレーズの感情を分析します。サポートされる言語:アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTML形式のファイル,t。
ターゲット文字列必須:フレーズの配列。このサービスは、ソーステキストにある各フレーズの感情情報を返します。最大20のフレーズをサポートします。フォーマット:フレーズ1
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアル制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getTargetedSentimentFromUrl

ウェブページ上のターゲットとされたフレーズに対する感情を分析する。サポートされる言語:アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
ターゲット文字列必須:フレーズの配列。このサービスは、ソーステキストにある各フレーズの感情情報を返します。最大20のフレーズをサポートします。フォーマット:フレーズ1
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getTargetedSentimentFromText

ターゲットとするフレーズをプレーンテキストで分析します。サポートされる言語:アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
ターゲット文字列必須:フレーズの配列。このサービスは、ソーステキストにある各フレーズの感情情報を返します。最大20のフレーズをサポートします。フォーマット:フレーズ1
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getRankedTaxonomyFromHtml

HTML文書を5レベルのタクソノミーに分類します。サポートされる言語:英語。

http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedTaxonomyFromUrl

Webページを5レベルのタクソノミーに分類します。サポートされる言語:英語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRankedTaxonomyFromText

プレーンテキストを5レベルのタクソノミーに分類します。サポートされる言語:英語。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
テキストファイル必須:テキストコンテンツを含むファイル。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。

AlchemyText.getTextFromHtml

HTML文書から主なテキストコンテンツを抽出します。クリーンページテキストは、他のHTMLおよびURL関数ではデフォルトで取得されます。 showSourceText = 1を渡すことによって、他のほとんどのメソッドからの応答でページクリーニングの結果を表示できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
抽出リンク文字列オプション:抽出されたテキストにハイパーリンクを含めるには、これを1に設定します。
useMetadata文字列オプション:これを0に設定すると、Webページのメタデータの説明情報が無視されます。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細はこちらをご覧ください,pageパラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getTextFromUrl

Webページから主要なテキストコンテンツを抽出します。クリーンページテキストは、他のHTMLおよびURL関数ではデフォルトで取得されます。 showSourceText = 1を渡すことによって、他のほとんどのメソッドからの応答でページクリーニングの結果を表示できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
showSourceText文字列オプション:応答にソーステキストを含めるには、これを1に設定します。
抽出リンク文字列オプション:抽出されたテキストにハイパーリンクを含めるには、これを1に設定します。
useMetadata文字列オプション:これを0に設定すると、Webページのメタデータの説明情報が無視されます。
クエーカー文字列オプション:Webページに適用するビジュアルな制約クエリ。 sourceTextがcqueryに設定されている場合は必須です。詳細については、 http://www.ibm.com/watson/developercloud/doc/alchemylanguage/visual_constraints.shtmlを参照してください 。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
xpath文字列オプション:Webページに適用するXPathクエリ。 sourceTextがXPath値のいずれかに設定されている場合は必須です。パラメータは、指定されたhtmlまたはurlパラメータの場合にのみ使用されます。
sourceText文字列オプション:ウェブページからソーステキストを取得する方法。詳細については、 このページを参照してください。パラメーターは、指定されたhtmlまたはurlパラメーターの場合にのみ使用されます。

AlchemyText.getRawTextFromHtml

HTML文書からプレーンテキストを抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。

AlchemyText.getRawTextFromUrl

Webページからプレーンテキストを抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。

AlchemyText.getTitleFromHtml

HTML文書からページタイトルを抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
htmlファイル必須:HTMLコンテンツを含むファイル。
URL文字列オプション:ここに入力すると、応答のurl値として表示されます。
useMetadata文字列オプション:1または0 Webページのメタデータからタイトル情報を使用するかどうか(デフォルト= 1:有効)。

AlchemyText.getTitleFromUrl

Webページからページタイトルを抽出します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
URL文字列必須:HTTP URL。
useMetadata文字列オプション:1または0 Webページのメタデータからタイトル情報を使用するかどうか(デフォルト= 1:有効)。

AlchemyText.getModels

このエンドポイントでは、AlchemyAPIサービスインスタンスにデプロイされたカスタムモデルを管理できます。アドバンスド価格プランとWatson Knowledge Studioへのアクセスにより、ドメイン固有のエンティティとリレーションを理解するための独自のカスタムモデルを作成できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。

AlchemyText.deleteSingleModel

Watson Knowledge StudioからAlchemyAPIサービスインスタンスにデプロイされたカスタムモデルを削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報必須:AlchemyAPIから取得したAPIキー。
modelId資格情報必須:削除するモデルの一意の識別子。

### sourceText可能な値

説明
cleaned_or_raw(デフォルト)リンクや広告などのウェブサイト要素を削除します。クリーニングが失敗した場合は、生のWebページテキストが使用されます。
清掃されたリンクや広告などのウェブサイトの要素を削除します。
生のWebページテキストをクリーニングなしで使用します。
クエーカーcqueryパラメータで指定した視覚的制約のクエリを使用します。
xpathxpathパラメータで指定したXPathクエリを使用します。
xpath_or_rawXPathクエリで何も返されない場合は、xpathパラメータで指定したXPathクエリの結果をプレーンテキストに戻します。
cleaned_and_xpathクリーンなWebページテキストでXPathクエリの結果を使用します。
x
circle
AlchemyText
$ / m
毎月クレジットカードまたは請求書にて請求を行います。 この際、前月の超過分の請求も行われます。
?

情報が不足しています

未入力の項目があります。
これらの詳細情報は、お客様の保護や最新情報をお知らせするために利用されます。

x

Rakuten RapidAPIに登録しましょう。

  • integrate
    お客様のアプリにAPIを統合する
    Ruby, Java, Elixir, Node.js, Phyton, Objective C, Swift, PHP さらに
  • keys
    API keyを複数まとめて保存する
  • notifications
    APIの変更通知を受け取る
  • stats
    統計情報を取得し、APIコネクションをモニターする
__SING_UP_WITH_GITHUB__
__SING_UP_WITH_FACEBOOK__
__SING_UP_WITH_GOOGLE__
  • 我々がウォールに投稿することはございません
  • 我々からスパム通信を送付することはありません
  • esc画面を閉じる
    x

    Authentication

    認証
    esc画面を閉じる