• インストール:
  • 本日: 0
  • 通算: 10260
開発者:userraygorodskij

Lexalytics API パッケージ

世界中の何千億もの非構造化文書を毎日処理しています。

エンドポイント一覧
エンドポイント一覧は以下の通りです。アプリケーションにエンドポイントを追加するには「エンドポイントに接続」をクリックしてください
  • cancelDiscoveryAnalyses
    Semantriaがまだ処理していない場合は、キューに入れられた文書を削除します。エンドポイントに接続
  • cancelDocumentLoad
    Semantriaがまだ処理していない場合は、キューに入れられた文書を削除します。エンドポイントに接続
  • cloneConfigurations
    既存の構成の正確なコピーが作成されます。エンドポイントに接続
  • createBlacklist
    このメソッドはSemantria側のバックリストに新しいユニークな項目を追加します。エンドポイントに接続
  • createCategories
    createCategoriesエンドポイントでは、ユーザーは特定の構成のためにサーバー上にカテゴリーを作成できます。エンドポイントに接続
  • createCollectionOfDocuments
    このメソッドは、解析対象のドキュメントの配列を互いに関連付けて出力し、1つの出力を返します。ディスカバリー分析には、エンティティー抽出、テーマ、およびコレクション内のすべての文書のカテゴリー化という要約の要約が含まれます。コレクションは、エレメントの配列で構成されます(オプション)ID、(オプションの)タグ、 。エンドポイントに接続
  • createCollectionOfDocumentsByJobId
    このメソッドは、解析対象のドキュメントの配列を互いに関連付けて出力し、1つの出力を返します。ディスカバリー分析には、エンティティー抽出、テーマ、およびコレクション内のすべての文書のカテゴリー化という要約の要約が含まれます。コレクションは、エレメントの配列で構成されます(オプション)ID、(オプションの)タグ、あなたは特定の環境(dev vs QAなど)を分離するためにjob_idを使用することができます。 job_idで提出されたコレクションは、同じjob_idを使用して取得する必要があります。エンドポイントに接続
  • createConfigurations
    設定を作成するときは、設定するフィールドはわずかです。これらは次のとおりです: - name - is_primary - language。設定可能な値、タイプ、デフォルトの完全なリストは、readmeを参照してください。エンドポイントに接続
  • createDocument
    このメソッドは、分析のためにドキュメントをサーバーにキューイングします。キューに入れられたドキュメントは個別に分析され、独自の結果セットを持ちます。エンドポイントに接続
全てを表示
ディスカッション
全てを表示
Readme

Lexalytics

Lexalyticsパッケージ

私たちは毎日何十億もの構造化されていない文書を処理しています。当社はテキストを有益な意思決定に変換する業界リーダーであり、私たちは顧客の考えや会話を実用的な洞察に変える最先端のクラウドとオンプレミス技術、そしてテキストのセンチメント分析技術を開発しています。

資格を取得する方法:

  1. www.lexalytics.comに登録する

  2. 登録後、アカウントダッシュボードに apiKeyとapiSecretが表示されます。

    カスタムデータ型:

    |データ型|説明|例| -------- | ----------- | ---------- | Datepicker |日付と時刻を含む文字列| <codeblock>JSON</codeblock> |マップ|緯度と経度を含む文字列| <codeblock>JSON</codeblock> |リスト|シンプルな配列| <codeblock>JSON</codeblock> |選択|前もって定義された値を持つ文字列| <codeblock>JSON</codeblock> |配列|オブジェクトの配列| <codeblock>JSON</codeblock>

Lexalytics.getApiStatus

このメソッドは、アプリケーションのバージョン、現在のAPIのバージョン、サポートされている言語とエンコーディング、サービス全体のステータスなどのAPIステータス情報を取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。

Lexalytics.createDocument

このメソッドは、分析のためにドキュメントをサーバーにキューイングします。キューに入れられたドキュメントは個別に分析され、独自の結果セットを持ちます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット
configId文字列処理に使用される特定の構成のID。
id文字列クライアントによって割り当てられ追跡されたドキュメントの最大32個のシンボルからなる独自のID。
text文字列サービスによって分析される必要のある文書テキスト。
tag文字列マーカーのように使用される最大50文字のテキスト。

Lexalytics.createMultipleDocuments

バッチは、ドキュメントの配列です。各ドキュメントは、オプションの独自のID、オプションタグ、および分析するテキストの3つの値で構成されています。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
documentBodyアレイバッチは、1回のリクエストでサーバーにプッシュされるドキュメントのリストです。
documentBody.id文字列クライアントによって割り当てられ追跡されたドキュメントの最大32個のシンボルからなる独自のID。
documentBody.text文字列サービスによって分析される必要のある文書テキスト。
documentBody.tag文字列マーカーのように使用される最大50文字のテキスト。
configId文字列処理に使用される特定の構成のID。

Lexalytics.createDocumentsByJobId

jobIdは必須ではありませんが、特定の環境(dev vs QA)または特定のジョブストリーム(履歴コンテンツとライブニュース)を介して処理されたコンテンツを分離するのに役立ちます.Job_idはポーリング方法(コールバックや自動応答ではありません) jobIdを介して送信する場合は、jobIdによっても取得する必要があります。 24時間ごとに固有のjobIdsは100個しか使用できません。送信するときにjobIdを指定した場合、取得時にjobIdも指定する必要があります。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
documentBodyアレイバッチは、1回のリクエストでサーバーにプッシュされるドキュメントのリストです。
documentBo,dy.id文字列クライアントによって割り当てられ追跡されたドキュメントの最大32個のシンボルの独自のID。
documentBody.text文字列サービスによって分析される必要のある文書テキスト。
documentBody.tag文字列マーカーのように使用される最大50文字のテキスト。
documentBody.jobId文字列ドキュメントの取得に使用できる到着ジョブ特定用マーカー。
configId文字列処理に使用される特定の構成のID。

Lexalytics.requestSpecificDocuments

要求:特定の文書のステータス(または処理結果)を要求します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列ドキュメントがデフォルト設定で処理された場合はオプションです。デフォルト以外の設定には必須です。
documentId文字列目的のドキュメントのID。

Lexalytics.retrieveDocuments

このコールは、最大バッチサイズに合わせて処理されたドキュメントを取得します。デフォルトでは、サーバはバッチあたり100ドキュメントの検索要求に応答します。この制限を増やすには、私たちに連絡してください。ドキュメントが取り出されると、それはSemantriaシステムから削除されます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列ドキュメントがデフォルト設定で処理された場合はオプションです。デフォルト以外の設定には必須です。
jobId文字列ジョブID。

Lexalytics.cancelDocumentLoad

Semantriaがまだ処理していない場合は、キューに入れられた文書を削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
documentId文字列削除されたドキュメントのID。

Lexalytics.retrieveDocumentsByJobId

jobIdを用いて提出した場合は、そのjobIdでも取得時もjobIdが必要です。 jobIdで取得するときにconfigIdを使用することはできません、またjobIdで送信するときにconfigIdを使用することもできません。この呼び出しでは、最大バッチサイズに合わせて処理されたドキュメントが多数取得されます。デフォルトでは、サーバーは1回のバッチあたり100の文書を持つ検索要求に応答します。この制限を増やすには、私たちに連絡してください。ドキュメントが取り出されると、それはSemantriaシステムから削除されます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
jobId文字列ジョブID。

Lexalytics.createDocumentMetadata

必須フィールドに加えて、コンテンツに関するメタデータを送信することもできます。メタデータの送信は、エンドポイントのJSON形式を使用する場合にのみ許可されます。 Semantriaによってメタデータ要素の処理は行われず、取得時に文書とともにメタデータフィールドが返されます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
id文字列クライアントによって割り当てられ追跡されたドキュメントの最大32個のシンボルの独自のID。
tag文字列マーカーのように使用される最大50文字のテキスト。
text文字列サービスによって分析される必要のある文書テキスト。
metadataJSONメタデータフィールドはスキーマが少なく、送信する任意の有効なJSONを含むことができます。例 - {"testKey": "testValue"}個々のドキュメントやコレクションにメタデータを添付することができます。

Lexalytics.createCollectionOfDocuments

この方法では、分析対象の文書のリストを提出し、1つの出力を返します。ディスカバリー分析には、エンティティー抽出、テーマ、およびコレクション内のすべての文書のカテゴリー化という要約が含まれます。コレクションは、エレメントの配列、(オプション)ID、(オプションの)タグから構成されます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
id文字列クライアントによって割り当てられ追跡されたドキュメントの最大32個のシンボルからなる一意の識別子。
tag文字列マーカーのように使用される最大50文字のテキスト。
documentsリストサービスによって分析される必要がある文書のテキストのリスト。
configId文字列使用する設定のID。

Lexalytics.createCollectionOfDocumentsByJobId

このメソッドは、対象のドキュメントのリストを互いに関連付けて分析し、1つの出力を返します。ディスカバリー分析には、センチメントの要約、エンティティー抽出、テーマ、およびコレクション内のすべての文書のカテゴリーが含まれます。コレクションは、エレメントの配列、

(オプション)ID、(オプションの)タグから構成されます。あなたは特定の環境(dev vs QAなど)を分離するためにjobIdを使用することができます。 jobIdで提出されたコレクションは、同じjobIdを使用して取得する必要があります。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
idアレイクライアントによって割り当てられ追跡されたドキュメントの最大32個のシンボルからなる独自のID。
tag文字列マーカーのように使用される最大50文字のテキスト。
documentsリストコレクションとして処理される単純な文字列のリスト。
configId文字列使用する設定のID。
jobId文字列ジョブコレクションの特定のマーカーは、クライアント側でのコレクションの順序付けに使用できます。

Lexalytics.retrieveProcessedDiscoveryAnalyses

このメソッドは、Semantriaから処理されたコレクションの分析結果を取得します。 分析に失敗したコレクションは、応答でFAILEDステータスになります。 Semantriaは、API呼び出しごとに限られた量の結果で応答します。構成IDが指定されている場合、Semantriaは、同じ構成IDを使用してキューに入れられたコレクションを、1次構成の反対側の使用で応答します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列特定のconfig idから処理されたドキュメントを返します。 configIdが指定されていない場合、APIはデフォルトでプライマリ設定IDを使用します。
documentId文字列このIDを持つ文書のみを返します。

Lexalytics.retrieveProcessedDiscoveryByJobId

jobIdによって提出した場合は、取得時にjobIdを指定する必要があります。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
jobId文字列特定のジョブIDから処理されたドキュメントを返します。
configId文字列特定のconfig idから処理されたドキュメントを返します。 configIdが指定されていない場合、APIはデフォルトでプライマリ設定IDを使用します。

Lexalytics.requestSpecificDiscoveryAnalysis

要求:特定のコレクションのステータス(または処理結果)を要求します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
collectionId文字列コレクションID。
configId文字列特定のconfig idから処理されたドキュメントを返します。 configIdが指定されていない場合、APIはデフォルトでプライマリ設定IDを使用します。

Lexalytics.cancelDiscoveryAnalyses

Semantriaがまだ処理していない場合、キューに入れられたドキュメントを削除する。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
collectionId文字列コレクションID。

Lexalytics.getExistingConfigurations

ここに表示された結果は、構成内のすべての設定可能なオプションを示しています。構成の特定の値を変更するために、これらの値をすべて提出する必要はありません。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。

Lexalytics.createConfigurations

設定を作成する場合、設定するフィールドはわずかです。これらは次のとおりです: - name - is_primary - language。設定可能な値、タイプ、デフォルトの完全なリストは、readmeを参照してください。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
name文字列設定名。
isPrimary選択現在の構成がプライマリかどうかを示します。デフォルト:false。
autoResponse選択サービスが自動的に処理結果を返すかどうかを定義します。デフォルト:false。
alphanumericThresholdパーセントでテキストに必要な英数字のしきい値を定義します。デフォルト:80。
conceptTopicsThreshold文字列概念トピックの検出しきい値を定義します。デフォルト:0.45。
oneSentenceMode選択文法があまり正確でない1つの文章モードをサービスで使用するかどうかを定義します。デフォルト:false。
processHtml選択処理する前にHTMLタグをクリーンアップする必要があるかどうかを定義します。デフォルト:false。
language文字列タスク処理に使用されるターゲット言語を定義します。デフォルト:英語。
callback文字列自動データ応答のコールバックURLを定義します。
modelSentiment選択ConfigurationDocumentSection.Sモデルベースのセンチメント機能をオン/オフに切り替えます。デフォルト:false。
intentions選択ConfigurationDocumentSection.Sententions検出機能を切り替えます。デフォルト:false。
conceptTopics選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのユーザーカテゴリを報告するかどうかを定義します。デフォルト:false。
queryTopics選択ConfigurationDocumentSection.Documentsがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
autoCategories選択ConfigurationDocumentSection.Doドキュメントの自動カテゴリを報告するかどうかを定義します。デフォルト:true。
namedEntities選択ConfigurationDocumentSection.Detinedエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
userEntities選択ConfigurationDocumentSection.Definesは、ユーザーエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
themes選択ConfigurationDocumentSection.Docドキュメントのドキュメントテーマとユーザー/名前付きエンティティテーマがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。
mentions選択ConfigurationDocumentSection.Definesテーマとユーザー/名前付きエンティティに対するコメントがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:false。
relations選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのユーザー/名前付きエンティティリレーションシップがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。
opinions選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのユーザー/名前付きエンティティの意見が報告されるかどうかを定義します。デフォルト:false。
sentimentPhrases選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのセンチメントフレーズが報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
posTypes文字列ConfigurationDocumentSection.Definesは、サーバーによって応答される品詞を定義します。
summarySizeConfigurationDocumentSection.ドキュメントサマリー機能の文の数を制限します。デフォルト:3。
detect_language選択ConfigurationDocumentSection.Section言語の検出機能を切り替えます。デフォルト:true。
collectionFacets選択ConfigurationCollectionSection.Definesコレクションのファセットを報告するかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionAttributes選択ConfigurationCollectionSection。ファセットの属性がコレクションに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionMentions選択ConfigurationCollectionSection.Definesテーマ、ユーザー/名前付きエンティティ、ファセット、および属性のコメントがコレクションに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:false。
collectionConceptTopics選択ConfigurationCollectionSection.Doコレクションのuser_categoriesがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。
collectionQueryTopics選択ConfigurationDocumentSection.Documentsがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionNamedEntities選択ConfigurationDocumentSection.Detinedエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionUserEntities選択ConfigurationDocumentSection.Definesは、ユーザーエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionThemes選択ConfigurationDocumentSection.Docドキュメントのドキュメントテーマとユーザー/名前付きエンティティテーマがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。

Lexalytics.updateConfigurations

このメソッドは、Semantria側で固有のIDで特定の構成を更新します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
id文字列クローンを作成する構成のIDを入力します。
name文字列設定名。
isPrimary選択現在の構成がプライマリかどうかを示します。デフォルト:false。
autoResponse選択サービスが自動的に処理結果を返すかどうかを定義します。デフォルト:false。
alphanumericThresholdパーセントでテキストに必要な英数字のしきい値を定義します。デフォルト:80。
conceptTopicsThreshold文字列概念トピックの検出しきい値を定義します。デフォルト:0.45。
entitiesThreshold出力に報告される名前付きエンティティおよびユーザーエンティティの証拠スコアの下限しきい値を定義します。デフォルトは55です。
oneSentenceMode選択文法があまり正確でない1つの文章モードをサービスで使用するかどうかを定義します。デフォルト:false。
processHtml選択処理する前にHTMLタグをクリーンアップする必要があるかどうかを定義します。デフォルト:false。
language文字列タスク処理に使用されるターゲット言語を定義します。デフォルト:英語。
callback文字列自動データ応答のコールバックURLを定義します。
modelSentiment選択ConfigurationDocumentSection.Sモデルベースのセンチメント機能をオン/オフに切り替えます。デフォルト:false。
intentions選択ConfigurationDocumentSection.Sententions検出機能を切り替えます。デフォルト:false。
conceptTopics選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのユーザーカテゴリを報告するかどうかを定義します。デフォルト:false。
queryTopics選択ConfigurationDocumentSection.Documentsがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
autoCategories選択ConfigurationDocumentSection.Doドキュメントの自動カテゴリを報告するかどうかを定義します。デフォルト:true。
namedEntities選択ConfigurationDocumentSection.Detinedエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
userEntities選択ConfigurationDocumentSection.Definesは、ユーザーエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
themes選択ConfigurationDocumentSection.Docドキュメントのドキュメントテーマとユーザー/名前付きエンティティテーマがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。
mentions選択ConfigurationDocumentSection.Desinesテーマとユーザー/名前付きエンティティに対するコメントが報告されるかどうかを定義する,dを指定します。デフォルト:false。
relations選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのユーザー/名前付きエンティティリレーションシップがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。
opinions選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのユーザー/名前付きエンティティの意見が報告されるかどうかを定義します。デフォルト:false。
centimentPhrases選択ConfigurationDocumentSection.Definesドキュメントのセンチメントフレーズが報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
posTypes文字列ConfigurationDocumentSection.Definesは、サーバーによって応答される品詞を定義します。
summarySizeConfigurationDocumentSection.ドキュメントサマリー機能の文の数を制限します。デフォルト:3。
detect_language選択ConfigurationDocumentSection.Section言語の検出機能を切り替えます。デフォルト:true。
collectionFacets選択ConfigurationCollectionSection.Definesコレクションのファセットを報告するかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionAttributes選択ConfigurationCollectionSection。ファセットの属性がコレクションに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionMentions選択ConfigurationCollectionSection.Definesテーマ、ユーザー/名前付きエンティティ、ファセット、および属性のコメントがコレクションに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:false。
collectionConceptTopics選択ConfigurationCollectionSection.Doコレクションのuser_categoriesがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。
collectionQueryTopics選択ConfigurationDocumentSection.Documentsがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionNamedEntities選択ConfigurationDocumentSection.Detinedエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionUserEntities選択ConfigurationDocumentSection.Definesは、ユーザーエンティティがドキュメントに対して報告されるかどうかを定義します。デフォルト:true。
collectionThemes選択ConfigurationDocumentSection.Docドキュメントのドキュメントテーマとユーザー/名前付きエンティティテーマがレポートされるかどうかを定義します。デフォルト:false。

Lexalytics.cloneConfigurations

これにより、既存の構成の正確なコピーが作成されます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
templete文字列クローンを作成する構成のIDを入力します。
name文字列新しいクローンの名前。

Lexalytics.deleteConfigurations

削除する設定IDのリストを送信します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
deleteIdsリスト削除する設定IDのリスト。

Lexalytics.getTemplatesList

テンプレートリストを取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。

Lexalytics.getListQueries

クエリは、コンテンツ内の正確な文字列または用語の組み合わせを正確に検索するためのツールです。製品名、競合企業名、特定の機能などを見つけるのに便利です。また、幅広いカテゴリを使用するのではなく、非常に正確な概念を分類するために使用することもできます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列クエリを作成する設定のID

Lexalytics.createQueries

リクエストの本文内のオブジェクトをパラメータで渡します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
bodyQueryアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。
bodyQuery.name文字列クエリ名。
bodyQuery.query文字列コンテンツの分類に使用されるクエリ。

Lexalytics.updateQueries

リクエストの本文内にJSONエンコードされたオブジェクトを渡します。クエリ、テキストキー、および値のペアのリスト。送信されたクエリのテキストは、既存のクエリを置き換えます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
bodyQueryアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。
bodyQuery.id文字列一意のクエリ識別子。
bodyQuery.name文字列クエリ名。
bodyQuery.query文字列コンテンツの分類に使用されるクエリ。

Lexalytics.deleteQueries

削除要求により、ユーザーは特定の構成のクエリをサーバーから削除できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
queryListリストクエリ識別子のリスト。

Lexalytics.getCategoriesList

カテゴリは、Semantriaサービスがコンテンツにインテリジェントなラベルを付ける幅広いタグです。どのような内容で分類されるか想像してみましょう。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列リストするカテゴリを含む設定のID。

Lexalytics.createCategories

createCategoriesエンドポイントでは、ユーザーは特定の構成のためにサーバー上にカテゴリーを作成できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
bodyCategoriesアレイパラメータは、サーバーに追加するカテゴリのJSON objectList内で渡す必要があります。
bodyCategories.name文字列種別名。
bodyCategories.weight文字列カテゴリの重み。
bodyCategories.samplesJSONカテゴリサンプル。

Lexalytics.updateCategories

updateCategoriesエンドポイントを使用すると、ユーザーは特定の構成に対してサーバー上のカテゴリを更新できます。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
bodyCategoriesアレイパラメータは、サーバー上で更新されるカテゴリのJSON objectList内で渡される必要があります。必須フィールド - id。
bodyCategories.id文字列一意のカテゴリ識別子。
bodyCategories.name文字列種別名。
bodyCategories.weight文字列カテゴリの重み。
bodyCategories.samplesJSONカテゴリサンプル。

Lexalytics.deleteCategories

このメソッドは、特定のユーザーカテゴリをSemantria側のIDにより削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
categoriesListリストパラメータは、サーバーから削除するカテゴリのJSON objectList内で渡す必要があります。

Lexalytics.getListTaxonomy

指定された設定の既存の分類構造を一覧表示します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。

Lexalytics.createTaxonomy

指定されたコンフィグレーションで新しい分類を作成します。各設定には1つのタクソノミーしか定義できません。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列タクソノミを作成するためのconfigのID。
bodyTaxonomyアレイパラメータは、サーバー上に追加されるタクソノミーのJSON objectList内で渡される必要があります。必須フィールド名。
bodyTaxonomy.name文字列分類名。
bodyTaxonomy.enforceParentMatching選択現在のノードが一致する場合、親ノードにコンテンツを一致させる
bodyTaxonomy.nodesJSON現在のタクソノミーノードに関連付けられたサブノードのリスト。
bodyTaxonomy.topicsJSON現在のタクソノミーノードに関連付けられているトピックのリスト。

例 <codeblock>JSON</codeblock>

Lexalytics.updateTaxonomy

ノードを追加する、またはノードにトピックを追加するには、送信するJSONで関係を指定します。既存のトピックとノードをIDで参照する必要があります。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列更新するタクソノミーを持つconfigのID。
bodyTaxonomyアレイパラメータは、サーバー上で更新されるタクソノミーのJSON objectList内で渡される必要があります。必須フィールド - 名前、ID。
bodyTaxonomy.id文字列分類ID。
bodyTaxonomy.name文字列分類名。
bodyTaxonomy.enforceParentMatching選択現在のノードが一致する場合、親ノードにコンテンツを一致させる
bodyTaxonomy.nodesJSON現在のタクソノミーノードに関連付けられたサブノードのリスト。
bodyTaxonomy.topicsJSON現在のタクソノミーノードに関連付けられているトピックのリスト。

例 <codeblock>JSON</codeblock>

Lexalytics.delete Taxonomy

このメソッドは、Semantria側のIDで特定の分類ノードを削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
taxonomyIdsリスト分類法ノード識別子のリスト。

Lexalytics.getListSentimentPhrases

このメソッドはSemantria側で利用可能なセンチメントベースのフレーズのリストを取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。

Lexalytics.createSentimentPhrases

このメソッドはSemantria側にセンチメントベアリングフレーズを追加します

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列タクソノミを作成するためのconfigのID。
bodyPhraseアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。
bodyPhrase.name文字列センチメントのフレーズ名。
bodyPhrase.weight文字列センチメント・フレーズ・ウェイト。
SentimentPhrases
このメソッドはSemantria側で固有のIDでセンチメントベアリングフレーズを更新します。
フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列タクソノミを作成するためのconfigのID。
bodyPhraseアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。
bodyPhrase.id文字列ユニークなセンチメントのフレーズ識別子。
bodyPhrase.name文字列センチメントのフレーズ名。
bodyPhrase.weight文字列センチメント・フレーズ・ウェイト。

Lexalytics.deleteSentimentPhrases

このメソッドは、特定のセンチメントのフレーズをSemantria側の名前で削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
centimentPhrasesIdsリストセンチメントのフレーズ識別子のリスト。

Lexalytics.getListEntities

このメソッドは、Semantria側で利用可能なユーザーエンティティのリストを取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列表示するエンティティを含む設定のID。

Lexalytics.createEntities

このメソッドは、Semantria側のユーザーエンティティを追加します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列エンティティを一覧表示する設定のID。
bodyEntitiesアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。
bodyEntities.name文字列エンティティ名。
bodyEntities.type文字列エンティティのタイプ(Company、Person、任意のカスタムタイプ)。
bodyEntities.label文字列エンティティの記述ラベル(例:Wikipedia URL)。
bodyEntities.normalized文字列エンティティの正規化された形式。出力のエンティティ名を置き換えます。

Lexalytics.updateEntities

このメソッドは、ユーザーエンティティをSemantria側の一意のIDで更新します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPIシークレット。
configId文字列エンティティを一覧表示する設定のID。
bodyEntitiesアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。必須フィールド - ID。
bodyEntities.id文字列エンティティID。
bodyEntities.name文字列エンティティ名。
bodyEntities.type文字列エンティティのタイプ(Company、Person、任意のカスタムタイプ)。
bodyEntities.label文字列エンティティの記述ラベル(例:Wikipedia URL)。
bodyEntities.normalized文字列エンティティの正規化された形式。出力のエンティティ名を置き換えます。

Lexalytics.deleteEntities

このメソッドは、特定のユーザーエンティティをSemantria側の名前で削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPI秘密。
configId文字列コンフィギュレーションのID,あなたがリストしたいエンティティを関連付けます。
entitiesIdsリストユーザエンティティ識別子のリスト。

Lexalytics.getBlacklist

このメソッドは、Semantria側で使用可能なすべてのバックリスト項目を取得します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPI秘密。
configId文字列リストするブラックリストを含む設定のID。

Lexalytics.createBlacklist

このメソッドはSemantria側のバックリストに新しいユニークな項目を追加します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPI秘密。
configId文字列エンティティを一覧表示する設定のID。
bodyBlacklistアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。
bodyBlacklist.name文字列ブラックリストの項目名。

Lexalytics.updateBlacklist

このメソッドは、既存のアイテムをSemantria側のバックリスト内の一意のIDで更新します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPI秘密。
configId文字列エンティティを一覧表示する設定のID。
bodyBlacklistアレイパラメータ化されたオブジェクトのリスト。
bodyBlacklist.id文字列一意のブラックリストアイテム識別子。
bodyBlacklist.name文字列ブラックリストの項目名。

Lexalytics.deleteBlacklistedItem

このメソッドは、特定のブラックリストに載ったアイテムをSemantria側の値で削除します。

フィールドタイプ説明
apiKey資格情報あなたのAPIキー。
apiSecret資格情報あなたのAPI秘密。
configId文字列表示するクエリを含む設定のID。
blacklistedItemIdsリストユーザエンティティ識別子のリスト。
x
circle
Lexalytics
$ / m
毎月クレジットカードまたは請求書にて請求を行います。 この際、前月の超過分の請求も行われます。
?

情報が不足しています

未入力の項目があります。
これらの詳細情報は、お客様の保護や最新情報をお知らせするために利用されます。

x

Rakuten RapidAPIに登録しましょう。

  • integrate
    お客様のアプリにAPIを統合する
    Ruby, Java, Elixir, Node.js, Phyton, Objective C, Swift, PHP さらに
  • keys
    API keyを複数まとめて保存する
  • notifications
    APIの変更通知を受け取る
  • stats
    統計情報を取得し、APIコネクションをモニターする
__SING_UP_WITH_GITHUB__
__SING_UP_WITH_FACEBOOK__
__SING_UP_WITH_GOOGLE__
  • 我々がウォールに投稿することはございません
  • 我々からスパム通信を送付することはありません
  • esc画面を閉じる
    x

    Authentication

    認証
    esc画面を閉じる