RapidAPI logo

Imagga automated image tagging and categorization

フリーミアム
開発者 imagga
更新日 5ヶ月前
ツール
6.7/10
人気度
9ms
レイテンシ
-
正常稼働率

「Imagga automated image tagging and categorization 」のドキュメント

Imaggaは自動で画像のタグ付け、分類、合成および色解析を行うAPI。必要なメタデータを適切に抽出するためのAPIというわけです。 Imaggaのディープラーニングと画像認識技術は、アプリ開発者の画像解析にも、企業が大規模に収集した画像を解析する際にも役立ちます。

全文を表示する
Auto-Tagging
GET/tagging
Auto-Categorization
GET/categorizers
GET/categorizations/{categorizer_id}
Smart-Cropping
GET/croppings
Color Extraction
GET/colors
Content Upload
POST/content
DELETE/content/{content_id}
GET/tagging

/taggingエンドポイントにURLのリストを送ることで、自動的に検出されたすべてのテキストタグのリストを取得できます。 信頼性の確率(%)はそれぞれに割り当てられるため、最も適切なもののみフィルタリングすることも可能です。

ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
パラメータ(Option)
urlSTRING
OPTIONALImage URL to perform auto-tagging on. You can provide up to 5 urls for processing by sending multiple url parameters (e.g. ?url=<first_url>&url=<second_url>...&url=<nth_url>)
contentSTRING
OPTIONALYou can also send an actual image files for auto-tagging. This is achieved by uploading the images to our /content endpoint and then providing the received content identifier in this parameter. As with the url parameter you can send more than one image - up to 30 content ids by sending multiple "content" parameters.
コードスニペット
unirest.get("https://imagga-api.p.rapidapi.com/tagging?url=http%3A%2F%2Fimagga.com%2Fstatic%2Fimages%2Ftagging%2Fwind-farm-538576_640.jpg")
.header("X-RapidAPI-Host", "imagga-api.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://imagga-api.p.rapidapi.com/tagging
リクエストメソッド: GET
レスポンスヘッダ
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.get("https://imagga-api.p.rapidapi.com/tagging?url=http%3A%2F%2Fimagga.com%2Fstatic%2Fimages%2Ftagging%2Fwind-farm-538576_640.jpg")
.header("X-RapidAPI-Host", "imagga-api.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証