RapidAPI logo

Everypixel Image Recognition

フリーミアム
開発者 everypixel
更新日 1ヶ月前
3.8/10
人気度
321ms
レイテンシ
100%
正常稼働率

「Everypixel Image Recognition 」のドキュメント

あなたのアプリや製品の画像認識と節度にあなたのコストを削減するためにAIと機械学習のすべての力を使ってください。 Everypixel Image Recognitionは、APIを通じて利用可能な一連の事前トレーニング済みモデルです。簡単なアルゴリズム割り当てのおかげで、開発者は彼らがサインアップしたらそれらを使い始めることができます。

全文を表示する
GET/keywords
GET/quality
GET/quality_ugc
GET/keywords

このメソッドに画像を送信することで、推奨キーワードのリストを取得できます。返された単語数またはその最小スコアのしきい値を指定できます。このメソッドには、num_keywordsまたはthresholdパラメータを指定するだけです。

ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
パラメータ(Option)
contentSTRING
OPTIONALYou can also send an actual image files for auto-tagging.
urlSTRING
OPTIONALImage URL to perform auto-tagging on.
コードスニペット
unirest.get("https://everypixel-api.p.rapidapi.com/keywords?url=http%3A%2F%2Fimage.everypixel.com%2F2014.12%2F67439828186edc79b9be81a4dedea8b03c09a12825b_b.jpg")
.header("X-RapidAPI-Host", "everypixel-api.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://everypixel-api.p.rapidapi.com/keywords
リクエストメソッド: GET
レスポンスヘッダ
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.get("https://everypixel-api.p.rapidapi.com/keywords?url=http%3A%2F%2Fimage.everypixel.com%2F2014.12%2F67439828186edc79b9be81a4dedea8b03c09a12825b_b.jpg")
.header("X-RapidAPI-Host", "everypixel-api.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証