RapidAPI logo

Edamam Nutrition Analysis

フリー
開発者 edamam
更新日 5ヶ月前
グルメ・レシピ
9.4/10
人気度
433ms
レイテンシ
71%
正常稼働率

「Edamam Nutrition Analysis 」のドキュメント

栄養分析APIとデータベースは、自然言語処理と意味論的に構造化されたデータを使用します。これは、利用可能な最も高度な栄養分析技術です! レシピ栄養分析

  • レシピまたは成分リストの全文を提出する。 Edamamはテキストから完全な栄養成分データを抽出します。レシピを1行ずつ入力する必要はありません。栄養分析には1秒もかかりません!
  • Edamamは各原料ラインの詳細情報を返します。レシピ全体の情報を取得したり、各成分ごとに自動的に分類したりすることができます。

食物データベース

  • Edamamは、10万以上の基本食品と消費者向けパッケージ商品で、食物栄養データベースにアクセスします
  • 基本的な食品(小麦粉、卵、小麦粉など)については、カロリー、脂肪、炭水化物、タンパク質、コレステロール、ナトリウムおよびその他の30の微量栄養素に関するデータが返されます。パッケージングされた食品とファストフードのデータは、栄養表示
  • すべての食物栄養素データは、食物の成分に基づいてEdamamによって計算されるように、食事、アレルギーおよび健康ラベリングで富化される。ビーガン、パレオ、グルテンフリー、低ナトリウム、乳製品フリーは自動的に生成された20以上のクレームの一部です。

低コストソリューション

  • Edamamは、開発者、新興企業、非営利団体の基本計画と同様に、無料の栄養データベースアクセスとレシピ栄養分析を提供します。
  • 企業顧客は、レシピ分析および/または使用量に基づく食品データコールに対して、月額ライセンス費用が非常に低くなります。カスタムパッケージも利用可能です。
全文を表示する
GETFood Text Analysis
GETFood Text Analysis
ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
必須パラメータ
ingrSTRING
REQUIREDAn ingredient line with quantity and measure
パラメータ(Option)
nutrition-typeSTRING
OPTIONALWhen set to nutrition-type=logging it turns on the food logging feature
コードスニペット
unirest.get("https://edamam-edamam-nutrition-analysis.p.rapidapi.com/api/nutrition-data?ingr=1+large+apple")
.header("X-RapidAPI-Host", "edamam-edamam-nutrition-analysis.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://edamam-edamam-nutrition-analysis.p.rapidapi.com/api/nutrition-data
リクエストメソッド: GET
レスポンスヘッダ
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.get("https://edamam-edamam-nutrition-analysis.p.rapidapi.com/api/nutrition-data?ingr=1+large+apple")
.header("X-RapidAPI-Host", "edamam-edamam-nutrition-analysis.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証