RapidAPI logo

Telegram

フリー
7.4/10
人気度
265ms
レイテンシ
-
正常稼働率

「Telegram 」のドキュメント

あなたのアプリに安全なメッセージを統合する。

全文を表示する
POSTeditMessageCaption
POSTeditMessageText
POSTforwardMessage
POSTgetChat
POSTgetChatAdministrators
POSTgetChatMember
POSTgetChatMembersCount
POSTgetFile
POSTgetGameHighScores
POSTgetMe
POSTgetUpdates
POSTgetUserProfilePhotos
POSTgetWebhookInfo
POSTkickChatMember
POSTleaveChat
POSTsendAudio
POSTsendChatAction
POSTsendContact
POSTsendDocument
POSTsendGame
POSTsendLocation
POSTsendMessage
POSTsendPhoto
POSTsendSticker
POSTsendVideo
POSTsendVoice
POSTsetWebHook
POSTunbanChatMember
POSTwebhookCommand
POSTeditMessageCaption

このメソッドを使用して、ボットまたはボットから送信されたメッセージのキャプションを編集します(インラインボットの場合)。成功すると、編集されたメッセージがボットによって送信された場合、編集されたメッセージが返されます。そうでない場合はTrueが返されます。

ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
必須パラメータ
tokenCREDENTIALS
REQUIREDRequired: Authentication token.
パラメータ(Option)
replyMarkupJSON
OPTIONALA JSON-serialized object for an inline keyboard.
inlineMessageIdSTRING
OPTIONALRequired if chat_id and message_id are not specified. Identifier of the inline message
chatIdSTRING
OPTIONALUnique identifier for the target group or username of the target supergroup (in the format @supergroupusername)
messageIdNUMBER
OPTIONALRequired if inline_message_id is not specified. Unique identifier of the sent message
captionSTRING
OPTIONALNew caption of the message
コードスニペット
unirest.post("https://TelegramdimashirokovV1.p.rapidapi.com/editMessageCaption")
.header("X-RapidAPI-Host", "TelegramdimashirokovV1.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.header("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://TelegramdimashirokovV1.p.rapidapi.com/editMessageCaption
リクエストメソッド: POST
レスポンスヘッダ
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.post("https://TelegramdimashirokovV1.p.rapidapi.com/editMessageCaption")
.header("X-RapidAPI-Host", "TelegramdimashirokovV1.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.header("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証