新規登録​

ログイン​

Telegram

FREE
6.7/10
人気度​
75ms
レイテンシ​
-
正常稼働率​

Telegram API Documentation

あなたのアプリに安全なメッセージを統合する。

全文を​表示する​

さらに​魅力的な​アプリ開発を​

世界最大級の​APIマーケットプレイスで、​8,000以上の​豊富な​ラインナップから​APIを​検索、​簡単に​接続​しましょう​

POSTeditMessageCaption
POSTeditMessageText
POSTforwardMessage
POSTgetChat
POSTgetChatAdministrators
POSTgetChatMember
POSTgetChatMembersCount
POSTgetFile
POSTgetGameHighScores
POSTgetMe
POSTgetUpdates
POSTgetUserProfilePhotos
POSTgetWebhookInfo
POSTkickChatMember
POSTleaveChat
POSTsendAudio
POSTsendChatAction
POSTsendContact
POSTsendDocument
POSTsendGame
POSTsendLocation
POSTsendMessage
POSTsendPhoto
POSTsendSticker
POSTsendVideo
POSTsendVoice
POSTsetWebHook
POSTunbanChatMember
POSTwebhookCommand
POSTeditMessageCaption

このメソッドを使用して、ボットまたはボットから送信されたメッセージのキャプションを編集します(インラインボットの場合)。成功すると、編集されたメッセージがボットによって送信された場合、編集されたメッセージが返されます。そうでない場合はTrueが返されます。

ログインして​このエンドポイントを​テストする​
ログイン​
ヘッダーパラメータ​
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
必須パラメータ​
tokenCREDENTIALS
REQUIREDRequired: Authentication token.
パラメータ(Option)​
replyMarkupJSON
OPTIONALA JSON-serialized object for an inline keyboard.
inlineMessageIdSTRING
OPTIONALRequired if chat_id and message_id are not specified. Identifier of the inline message
chatIdSTRING
OPTIONALUnique identifier for the target group or username of the target supergroup (in the format @supergroupusername)
messageIdNUMBER
OPTIONALRequired if inline_message_id is not specified. Unique identifier of the sent message
captionSTRING
OPTIONALNew caption of the message
コードスニペット​
unirest.post("https://TelegramdimashirokovV1.p.rapidapi.com/editMessageCaption")
.header("X-RapidAPI-Key", "undefined")
.header("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
.send("replyMarkup=undefined")
.send("inlineMessageId=undefined")
.send("chatId=undefined")
.send("messageId=undefined")
.send("caption=undefined")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス​

loading...

ログイン​新規登録​

SDKを​インストール(NodeJS)​

インストール​

Node.jsで​Unirestを​使用​するには、​NPMモジュールを​インストール​してください。​

$ npm install unirest

インストール​完了後は、​簡単に​リクエストを​行うことが​できるように​なります。​

var unirest = require('unirest');

リクエスト​

unirest.post("https://TelegramdimashirokovV1.p.rapidapi.com/editMessageCaption")
.header("X-RapidAPI-Key", "undefined")
.header("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
.send("replyMarkup=undefined")
.send("inlineMessageId=undefined")
.send("chatId=undefined")
.send("messageId=undefined")
.send("caption=undefined")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証​
クライアントID​
クライアントシークレット​
OAuth2認証​
Sign up for freeto test this endpoint
Join the world’s largest API marketplace with over half a million developers and thousands of APIs.
APIを​検索​
ブラウザ上で​即座にテスト​
接続用スニペットの​自動生成​
ダッシュボードで​一括管理​