RapidAPI logo

FaceRect

フリー
開発者 apicloud
更新日 1ヶ月前
メディア
9.2/10
人気度
2177ms
レイテンシ
97%
正常稼働率

「FaceRect 」のドキュメント

FaceRectは、顔検出のための強力で無料のAPIです。これは、URLで指定された画像またはファイルとしてアップロードされた画像から顔(正面とプロフィールの両方)を見つけ、見つかった顔ごとに境界ボックス付きのJSON出力を生成して、1枚の写真から複数の顔を見つけることができます。ここでビジュアルデモをチェックしてください:http://apicloud.me/apis/facerect/demo/。さらにFaceRectは、検出された各顔(目、鼻、口)の顔の特徴を見つけることができます。より正確な顔の特徴検出については、当社のFaceMark APIをご覧ください。https://www.mashape.com/apicloud/facemark

全文を表示する
POSTProcess Image File
GETProcess Image URL
POSTProcess Image File

アップロードされた画像について、検出した顔を含むJSONオブジェクトを返します(ビジュアルデモ:http://apicloud.me/apis/facerect/demo/)

ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
必須パラメータ
imageBINARY
REQUIREDImage you would like to find faces on. For supported image files and limitations please refer to the documentation: http://apicloud.me/apis/facerect/docs
パラメータ(Option)
featuresBOOLEAN
OPTIONALSpecifies if you need to find face features (eyes, nose and mouth). If set to "true", the API will search for face features within faces detected (for frontal faces only). Default value is "false". For more information please refer to the documentation: http://apicloud.me/apis/facerect/docs
コードスニペット
unirest.post("https://apicloud-facerect.p.rapidapi.com/process-file.json")
.header("X-RapidAPI-Host", "apicloud-facerect.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.header("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://apicloud-facerect.p.rapidapi.com/process-file.json
リクエストメソッド: POST
レスポンスヘッダ
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.post("https://apicloud-facerect.p.rapidapi.com/process-file.json")
.header("X-RapidAPI-Host", "apicloud-facerect.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.header("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証