RapidAPI logo

AerisWeather

フリー
開発者 AerisWeather
更新日 2ヶ月前
天気
-/10
人気度
-
レイテンシ
-
正常稼働率

「AerisWeather 」のドキュメント

基本的なものから最も複雑な天候に影響されるソリューションまで、あらゆるビジネスニーズに対応する高度な天気API。

全文を表示する
GETAir Quality
GETAlerts
GETCurrent Conditions
GETDaily Summaries
GETForecasts
GETPlaces
GETAir Quality

世界中の汚染物質データを提供する空気質指標。

ヘッダーパラメータ
X-RapidAPI-HostSTRING
REQUIRED
X-RapidAPI-KeySTRING
REQUIRED
必須パラメータ
locationSTRING
REQUIREDProvide a place to query. Examples include: [city,state], [lat,long], [city, country], [US / CA postal code], etc.
client_idSTRING
REQUIREDEnter your Client ID from the AerisWeather members area.
client_secretSTRING
REQUIREDEnter your Client Secret from the AerisWeather members area.
パラメータ(Option)
filterSTRING
OPTIONALFilter by a specific pollutant. Example: pm10, pm2p5, o3.
コードスニペット
unirest.get("https://aerisweather-aerisweather-v1.p.rapidapi.com/airquality/{location}")
.header("X-RapidAPI-Host", "aerisweather-aerisweather-v1.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
サンプルレスポンス
概要
リクエストURL: https://aerisweather-aerisweather-v1.p.rapidapi.com/airquality/{location}
リクエストメソッド: GET
レスポンスヘッダ
レスポンスボディ

SDKをインストール(NodeJS)

インストール

Node.jsでUnirestを使用するには、NPMモジュールをインストールしてください。

$ npm install unirest

インストール完了後は、簡単にリクエストを行うことができるようになります。

var unirest = require('unirest');

リクエスト

unirest.get("https://aerisweather-aerisweather-v1.p.rapidapi.com/airquality/{location}")
.header("X-RapidAPI-Host", "aerisweather-aerisweather-v1.p.rapidapi.com")
.header("X-RapidAPI-Key", "ログインしてキーを取得")
.end(function (result) {
  console.log(result.status, result.headers, result.body);
});
OAuth2認証
クライアントID
クライアントシークレット
OAuth2認証